Kumemoto Jun Official Blog

【自分が何をしたいのかわからない人へ】

自分が何をしたいのかわからない人へ
自分が何をしたいのかわからない…
自分がやりたいことって何だろう…
使命があるっていうけど
自分の使命って何だろう…
自分は何のために生きていて
誰を幸せにしたいと思ってるのか?
そういう事を考えて考えて
日々考えても答えが出ない毎日。
自分らしく生きる!
っていうんですが…
その自分らしくがよくわからない…
今の閉鎖された未来に
どうしても解決策が見出せないあなたへ
僕も、同様に悩んでいました。
自分がやりたいことって何だろう?
それがわからなくて
随分長い出口の見えないトンネルを
さまよい続けていたなーって思いました。
その中で、僕が見出した答えに繋がる
プロセス上で、何かあなたにヒントになるものが
あればと思って今日は話しをしようと思います。
自分がやりたい事のヒントは過去にある。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
これ、半ば定説ですよね。
自分の子供の頃熱中してた事、
好きだった事を掘り下げてみる。
その中に、あなたがやりたかった事、
あなたが情熱を持って注げる事がある
僕もそう思ってました。
そう思って、自己分析なんかひたすらやったり
そういう期間もありました。
でも、答えは出ない。。。
僕はこれ、過去は関係ないんじゃない?
と今では思ってます。
子供の頃本当に自由にやれたのって
どのぐらいの期間でしょうか?
お金も、世間の目も、親の目も
そういうの気にしないでやれたのって
本当に幼稚園ぐらい?じゃないかと思うのです。
小学生ぐらいにあがると
親の目とかは特に気になります。
親がよっぽど自由な環境を提供してくれていたなら
きっと、自分が情熱を持ってこれをやった!!
みたいなものをあるかもしれませんが、
きっとどこかで経済的な制限がかかったり
世間体を親が気にするあまり
その親に心配をかけさせたくなかったりで
少なからずとも、子供心でも制御してきた部分って
絶対にあると思うのです。
その経験・体験の中から
自分がやりたい事を見つける!
って、無理じゃない?と僕は思いました。
というか、僕自身が過去の自己分析をやってみた結果

見つからん。。。

というのが正直な僕の答え。
で、僕の正直な所、
自分のやりたい事ってのは
既にやった事じゃなくて、
今まさにココにあるものじゃないか?
って事だったんです。
過去の記憶、経験、体験を元に
自分がこれが好きだからこれをやろう!
自分はこれは好きじゃないからこれはやめよう!
これじゃあ、
自分の中にある”好きなこと”なんて
よくわからないままです。
自分ってものを知りたかったら
外の世界に投げかけるべきだと思うからです。
年をとればとるにつれて
付き合う友人、付き合う世界が
どんどん閉じている人が多い。

だから、閉塞感が出てしまう。
こういう人は嫌い。
こういう人は好き。
こういうのも、まさに過去からの体験からによる物で
今目の前にいる人が、
もちろん、過去嫌いな人の部類に入る人かもしれませんが
もしかして、とても素敵な部分があるかもしれないのです。
で、その人を好きになる可能性もある。
そしたら、自分の中の嫌いな人の定義ってのは
間違ってたんだと気づく。
だから自分の好きなことってのも同様で、
自分の世界を広げていかないことには

その輪郭すら見えてこない。

あなたが体験している経験の量が少ないから
もしくは、広げようとしていないから。
が、僕は見つからない原因の根底にあるのではないか?
と思うのです。
好きなことをやれ!
ではなく、
見つからない人に必要なのは

好きでも嫌いでもなく、
無関心のものをやれ!と。

僕も最初はわけがわかりませんでした。
無関心のものをやる事の意味がわかりません。
何かをやるならば、
自分の興味あることをやった方がいいんでは?
とも思っていたのですが、
自分の興味あることをやるってのは、
さらにその世界を狭めてしまう事になります。
どんどんマニアックになるというか。。。
それはそれでもっと好き同士が
強固な繋がりが出来たりするのでしょうが、
どんどんその分母にあたる絶対数は
少なくなります。
すると、その世界がだめになったときに、
自分は何がやりたいのだろうか?
と、また閉塞感に入ってしまう。
自分の世界を深く探求するのも大事ですが、
同じぐらい大事な事に、
自分の世界を広げる事も大事なんじゃないかと。
自分の世界を広げる事は、
自分を知ることです。
自分を知ることとは、
自分の事を考える事ではなく、
外側の世界と接触する事で
自分の新しい”好き””嫌い”の発見しかないなと。

今まで無関心に思っていた事を
”好き”と”嫌い”に振り分けていく作業です。
誰にでも出来ます。
でも、怖くて出来ない人もいます。
何が怖いかというと、
”嫌い”という結果になった場合に、
それって意味があるのだろうか?
という問いがあるからです。
そもそも、自分の世界を広げる事が目的にすれば
それが失敗という結果になろうが、
成功という結果になろうが、
嫌いという結果になろうが、
好きという結果になろうが
どっちに転んでも自分というものを
より知るきっかけになるわけです。
そこに正解、不正解はありません。
だってあなた自身が
自分をもっと知るためにやってるのですから。
そうやって
自分の世界を広げるステップを踏んでると
自分の中に入ってくる器が広がります。
今まで無関心だったものが
好きと嫌いに分かれるのですから
好きの分、好きなものがどんどん
自分の中に入ってくるようになるんです。
その中で、
ふとした瞬間に思いがけない出会いがあります。
それは、人なのか?
やりたい事なのか?
好きな物なのか?
自分の一生をかけてもよいものなのか?
それは、あなたしかわかりませんが、
きっとこれからあなたが
自分が何がやりたいかわからない。。。
そう思った時の打開策になると思います。
と、なんとも抽象度の高い
文章ですみません(汗)
結局の所、ネットビジネスをやってると
ネットビジネスの世界だけを知ろうとしてしまい
実はそこに追い求めてる正解はないなと。
僕もかれこれ7年間ぐらいネットビジネスという
この業界にいて、ずっと掘り下げてきましたが、
昨年は違う業界だったり、
今まで手にしたことのないものを手にしてみたり
やった事のないような経験・体験をしたり
その時、その瞬間は、
こんなもん何の意味があるのか?
と考えてはいましたが、
その時はそれがどうなるか?よりも
それを経験して自分がどう思うか?
を大事にいろんな事にチャレンジしてきました。
中には、自分が経験したくもないような
一生治らない病気に遭遇したり(笑)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
という経験もありますが、
それも全部自分を知るために必要な出来事だったのかと。
そんな中で、
6月からは、ネット起業家でも有名な
和佐大輔氏とのコラボの企画も決まったりと
まったく関係ない事が
今こうして、自分の世界が広がっているのを実感します。
その時はわかりません。
何がその後、自分の未来で繋がってくるかなんて。
でも、確実に自分という人間の
器が広がってより自分という人間が前よりちょっとだけ
わかるようになってきました。
所詮、人生なんてこれの繰り返しなんだろうなと。
起業してあきらめないでやりぬく力
みたいなのは身につけていたのが、
自分探しの旅みたいなものもあきらめないで
探し続けた結果なんだろうなと。
自分を探したというよりは、
自分の世界を広げた
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ここに、自分のやりたい事の正体が
あったのかなって思います。
是非、これは必要か?不必要か?
これをやったら儲かるか?
これをやったら損するのか?
こいつと付き合ったらメリットあるのか?
こいつと付き合ったらデメリットはないか?
そういう過去の体験をベースにして
やるのか?やらないのか?

という事を置いておいて、
あなたの中でのmy常識を作り上げるために
それらの行動を起こしてみてはどうでしょうか?
と、久しぶりに、熱くクールに
記事を書いてみました(笑)
どもども。
PS.いよいよリリースが5月25日近辺に
なりそうとの話を和佐大輔氏から受けました。
これは人に特化した場所だと思います。
あなたが自分の世界を広げたい!と思うなら
絶好の出会いの場だと僕も思っています。
全く違う業界、違う年齢の人達が
和佐大輔氏というある意味シンボルに集まり
ビジネスというものを通して語りある”場”
短期的に結果の出るノウハウという物に
興味がある人には絶対に価値がありません(苦笑)
自分のやりたい事がわからない。
自分の世界を広げたい。
そう思う人にはもってこいかもしれないですね!
結局ビジネスなんて自己表現の場なんで、
それがないビジネスは一時はよくても
続かないのが、僕も6年で出ている1つの解です。
即効性のあるノウハウ=続かない
こういうものです。
もちろん、僕も参加します。
というか、和佐大輔氏の企画であり僕の企画です。
そういう気持ちでやってるんで。
気になる人は
コチラに登録しておいて下さい。
↓↓↓
The Anomaly(アノマリー)
PSS.僕の個人的なメルマガもあります。
発行不定期です(苦笑)
僕は和佐大輔氏のように、1つのビジネスを
掘り下げる事はしていません(笑)
ある意味、ネットビジネスというネットビジネスの
経験は和佐氏よりもあると自負しています。
・情報コンテンツ
・アフィリエイト
・せどり、オークション
・ネットショップ
・システム製作、SNSといったメディア
こういう幅広いビジネスに携わり
ビジネスってものをいろんな角度から見てきました。
だから僕しか聞けない話もあるかもしれません(笑)
一人っ子ビジネス戦略家@クメのメルマガ
PSS.今日浦和ベースのもう一人と
打ち合わせの予定ですが、
残念、先方の予定で会えなかった。。。
まだ浦和ベース人数集めています。
浦和ベースって何?っておもう人は
是非コチラの記事を読んでみてください。
浦和ベースとは?

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top