Kumemoto Jun Official Blog

【このセミナーいける人は行った方が良い!】

あああああ、これ行きたい!!!

僕が最近行きたい!と思った
セミナーはこれ。
↓↓↓↓
http://www.web-senryaku.com/seminar/form/marketingdesign/index.php

これ、7月7日(土)8日(日)に開催予定で、
その日は、「和佐大輔氏」とのThe Anomalyが
神戸であるから、無論参加出来ないので

僕が、28,000円だすので、
このセミナー代+セミナー収録代の78,000円に
誰かいってくれないと思うほどだ(笑)

後日、僕に、動画をくれればOK(笑)

なんと、50,000円でこのセミナーに参加できる。
通常よりも、8,000円もお得じゃないか!!(笑)

本当、原田さんは
この分野に関しては天才じゃないか?

と僕は思っているぐらい。

センスある人っていると思うけど、
このセンスってのも、きっと言葉で説明出来ちゃうんだろうな。

センスって感性って言葉でも
置き換えられると思うけど、

この感性が豊かな人ってのが、
僕が、原田将太さんに感じるイメージ。

で、デザインという分野は
実に、学ぶ機会がない。
でも、その分、非常に大きな機会損失を
僕はしてると自分でも思ってるぐらい。。。

先日、デザインの本を購入してきて、
デザインって分野の概論を勉強すれば、

今の自分のビジネス力も向上するのでは!?

と、思って、
デザインの勉強をしてみたが。。。

やっぱり、うまく繋がらない(苦笑)

デザイン単体の知識としては
学ぶ事は出来たとしても、

デザインとビジネス
これをどう繋げれるか?には、
本を2冊、3冊勉強した程度では
僕にはまだまだ無理みたいでした(笑)

なので、既に、ビジネスで結果を出している

原田将太さんだからのデザイン論

これはもはや、この人から話しで
どれだけ理解力が深まる事だろうか。

今すぐ自分のビジネスに生きるかどうか?
それは愚問なので、僕にも解答は出来ないけど、

ビジネスの引き出しとして
絶対もっておくべき、”点”の1つだと思う。

僕はまがりにも、音楽って業界で
”感性”の方が大事な部分って場所を経験してきたので

ここの重要性を非常に感じている。

僕はドラムをやっていたけど、
ドラムがいろいろ思いつく、リズムだったり
かっちょいいおかずと呼ばれる、フィルがある。

あーいうのは、”点”と”点”が
自分の脳ミソの中で、繋がった瞬間に
思いつくものだったりするのです。

これは、ビジネスの世界でも重要。

学校の勉強では教えてもらわなかった部分の
脳みその使い方だとも思う。

教科書の重要なところを覚える。

こういう勉強の仕方では、
やっぱりデザインの重要性なんて多分
よっぽどの会社が大きくならないと
わからない部分だと思います。

僕は、かりにも、会社経営をして、
10人ぐらいの規模も経験してるから、

このぐらいになってくると、
デザインがビジネスに及ぼしてくる影響力ってのも
少なからず感じていたり。。。

1人でやっていたらむしろ軽視しがちですが、

逆に言うと、1人でやってるからこそ
他の人が軽視してしまうところ

ここが、他の人との差別化のポイント

じゃないかなーとも思ったり。

あー、行きたい。
行きたいよ。原田さん。

後日、動画販売はしないのですか!?!?

僕の記事を読んだら、コメント下さい(笑)

そして、誰かいってくれる人はいませんか?(笑)

これに参加する人も
非常に興味深い人ばかりのようで(笑)

原田さんのメルマガの記事を抜粋---------------

あらまあ!というくらい、「プロ」ばかり。

広告会社、マーケティング会社、デザイン会社、
コピーライター、デザイナー・・・

こんな感じのお名前がずらーっと並んでいまして、
そろいも揃って、みなさん手練れな方ばかりでした。

----------------------------------------—
こういう人達とも、

原田将太さんを通して繋がれる。

これも1つの直接参加の醍醐味でしょう。

多分、自分が普通に生きていたら
一生出会わないだろう人とも、繋がれる。

うーん。素晴らしい!!!

先行割引での価格は、どうやら月曜日(今日)
までの様子なので、

僕の記事見て、行きたい!!!!

ってなった人は、メッセージなり連絡下さい。

78,000円で行ってくれ。
28,000円だすから、後日動画を下さい(笑)

これまじですから。

原田さん、いいでしょ!?

PS.和佐大輔氏との企画『The Anomaly』も
3日で約半数ほどの枠が埋まりつつあります。

もうね、僕のブログを見ていて、
自分に参加して意味があるのか悩んでる人がいたら
背中押すから絶対入って欲しい。

僕は感じて欲しいんです。
僕なんて、そこらへんにいる兄ちゃんと
なんら変わらないって感じて欲しくて、

同様に、和佐大輔氏にも同じ事を感じて欲しい。

実際に会えば、ネット介して知ってるよりも
もっと、その世界が現実のものとなるんですよ。

これは、本当に。

もちろん、違いがあるからこそ、結果を出してるのかも
しれないのですが、
でも、根本は同じ人間なんですよ。
息吸ってるし、くだらない事で悩むし。

それも、『対話』しないと絶対に見えてこない。

でも、『対話』して、それを感じるのと、
文章で聞くのとじゃ、10

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top