Kumemoto Jun Official Blog

【The Anomalyとはどんな企画なのか?】

どうも、
一人っ子ビジネス戦略家@クメです。

明日から、The Anomaly in 東京が
2日間に渡って開催されます。

え?クメさんAnomalyって何ですか?

インターネットビジネスで、
たった2年で3億9548万のビジネスを創った
僕こと、一人っ子ビジネス戦略家@クメと、

ネットで下半身不随というハンデを背負いながら
17歳で年商1億稼ぎだした、和佐大輔

共同で開催する企画です。

Anomalyは、
「日常に非日常の体験を!」

というコンセプトで、稼ぎも、年齢も、業種も
まちまちの人達が集い、お互いのビジネスに
罵声を飛ばしあう場

あ、違いました(笑)
議論しあう『対話』をする”場”です(笑)

最近だと、とある参加者の人曰く、
「ネットの虚像をぶっ壊せ!!!」

という、裏コンセプトでもあります。

要するに、17歳で年商1億稼ぐ化け物は、
実は化け物でもなく、

ただのやりたい事をやってる人だった。 

インターネットビジネスで年商4億叩き出した
僕こと一人っ子ビジネス戦略家@クメが、

ただのやりたい事をやってる人だった。

という事を、僕は伝えたい。感じて欲しいと思って
始めた企画です(笑)

Anomalyの参加者には、
・不動産の賃貸収入だけで年1億稼ぐ人
・コンテンツビジネスで月数百万の利益を上げる人
・セブンイレブン2店舗のオーナー
・ネットに可能性を感じてこれから自分を表現したい人

とまぁ、こんな人達が参加している”場”だったりします。

で、こうやって実績だけ並べると、

おぉぉぉぉすげー人達も参加してる!!!
と思いきや、The 普通の人も参加している。

僕が思ったのは、

皆、ヘタレどもだな(笑)

これ、非常に刺激的な言葉ですが、

そんな僕自身も、
まだまだヘタレだと思っています(笑)

じゃあ、なんでこんなバラバラの人達が、
1つのAnomalyに集ってるのかと言うと

皆、自分が成長する為の”刺激”を求めている。

収入も、世代も、業種もバラバラですが、
共通してるのはまさにココなんです。

なかなか、自分を戒めて
次の成長曲線を描くためにさらに自分を追い込む。

こういうストイックな事って出来ない人も
多いじゃないですか(苦笑)

出来る人はいいと思うんです。
自分で、自分をまだまだだーって思って
いじめていじめていじめぬける人は。。。

でも、僕はそんな強い人間じゃないし、

ある程度の経済的成功を収めてる人だって
やっぱり、今の状況に満足している自分も
いたりするわけです。

『でも、このままじゃいけない…』

そう、心の中では叫んでいるんですよね。

このままじゃいけないと思ってるけど、
その先は、きっと今まで体験した事のない
未知なる領域にいかなければいけないのです。

それを、外部の刺激という部分で
何かしら感じ取りたい人達が集まってる

僕は、Anomalyの企画をスタートして
それを感じました。

さなぎが蝶になるそのステップは、
『変態』と言うそうですが、

多分、そこには今までの自分から

生まれ変わる必要があるんだなと。

Anomalyとはそんな
さなぎから蝶に飛躍するための
きっかけを、『対話』の中から見つけましょう!

という企画です。

本当に面白いです(笑)

和佐大輔氏が、誰かにズバッと言う
その『対話』の中から自分に対して
客観的に気づく事があったり。。。

きっと、17歳で年商1億稼いだ
和佐大輔氏ですら、その人から学ぶ部分があったり

僕自身も回数を重ねるごとに
自分が、変態するために足りない部分が
その都度、都度、気づかせられたり。。。

ステージが変わる瞬間って、
きっと、こういう外部からの刺激によって、
何か、飛躍するきっかけがつかめるのでしょうね。

様々なステージにいる人達が、
全員、一列同じレールの上で腹を割って話をする。

・ある程度の実績を出してこれから更なる飛躍をしたい人
・何もスタートできてない、でもこれから実績を作りたい人

一見、はたから見たら、
違う悩みで悩んでいるように見えますが、

実は共通してるんですね。

「飛躍したい、自分がワクワクするようにな事がしたい。」

もし、そんな壁にぶつかっていたら

このAnomalyはあなたにとって、
さなぎが蝶になるような”きっかけ”になると思います。

現在Anomalyは一次募集が終わって、
次回の参加者の募集を募るのは未定です。

こちらのメルマガに登録して貰えれば、
随時、募集状況はお伝えしますので
もし、Anomalyが気になった方は
登録しておいて下さい。

↓↓↓↓
The Anomaly 裏メルマガ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top