Kumemoto Jun Official Blog

【アメブロは商用利用禁止である!(笑)】

どうも、
一人っ子ビジネス戦略家@クメです。

最近より顕著になってきているこの動き。。。

  ◆アメブロ規約変更ーほぼ商用禁止の方向に?  

上記の記事は、
『好き』を、極めて稼ぐには?
という東大生のニイヤマンが書いてくれた記事。

規約自体は2012年6月6日に変更があり、
現状の規約はこんな感じらしい。。。

------------------------------—-
(4)弊社の承諾のない商業行為

2.商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成
(但し、弊社が認めている範囲のもの
及び弊社タイアップ等は除く)

3.弊社が許可したものを除き、営利、
非営利目的を問わず、物やサービスの売買、
交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を
目的とする情報の送信等(物品を販売し、
又は契約を締結させることを目的とする
無料セミナーの情報の送信等を含む)


※サービス利用ガイドライン中の
(4)弊社の承諾のない商業行為という項目からの抜粋です。
http://helps.ameba.jp/rules/blog_guideline.html
-----------------------------------—-

ふむふむ。

で、これを受けて、アメブロを今後
自分のビジネスの中心としていこう!と思ってたり、

すでに、アメブロ内でビジネスをやられている人、

まぁ、僕らにとってはアメブロというのは
ある意味ですごく重要な位置づけで
ブログを通してなんらかのビジネスに
結びつけていこうと考えてるならば
このテーマは非常に今後の方向性は大事な所。

で、

これに関して、僕の見解を述べよう(笑)

「まぁ、アメブロでビジネスが禁止になるのは
最初からわかっていた事だ(笑)」

まぁ、おそかれ早かれこうなるよねー(笑)

という事だと思う。

これに関しては、

ビジネスをやるなら他のブログに行け!

とか、

構わないからスパム的にブログを立ち上げろ!

そのどちらでもないです。

要するに、人のサービスを使って
何かをしようとしているのであれば、

”この辺の、ルールの変更はある程度覚悟しろ”

というアメブロを今後も使えとも、使うなとも
言わないような意見で大変申し訳ない(苦笑)

でも、これはまさに事実です。

僕らはアメブロというブログサービスを
無料で使わせてもらってる身なのです。

これにとやかく、言って議論をしている場合でも、
サイバーエージェントの待遇に文句を
つけても、結局の所僕らにそのルールを
変更する力は今のところないでしょう。

「クメさんは、えらく、消極的ですね!!」

と言われるかもしれません。

でも、僕はこのネット業界で、
たった6年の間に、このあたりのルールに変更による
手痛い経験をしています。

例えば、4年前ぐらいに、
グーグルアドワーズ広告という、
クリック保証型の広告が、一般の人にも
広く流行った時期がありました。

要するに、PPCアフィリエイトというネットビジネスで
言葉が普及した時期ですね。

人の商品の広告を勝手に出して、
販売利益ー広告費=利益というモデルですが、

僕は、この時期に自分の独自ネットショップの
広告をこのアドワーズ広告で行っていたわけです。

で、当時、

グーグルスラップという現象が起きました。

これは、情報商材などの過剰な広告出講などで、
グーグル様が、不適切な広告を監視下の元に、
アカウントを凍結させるという自体です。

僕は、この当時、ネットショップの方で、
月500万円と言う広告費を費やしてました。

月に、5,000,000円です(笑)

しかも、情報商材をアフィリして稼ぐなどと違って、

僕がやっていたのは、

物販系のネットショップの広告です。

で、この監視下の元、
僕らのネットショップの広告も広告出稿が、
いきなり忽然と出来なくなったわけです。

月、5,000,000円出稿していた
クライアントに関わらず、アカウント停止処分(苦笑)

いきなりです。
突如、いきなり、昨日までアクセスが数千とか
来ていたのが、来なくなるといった実態。

さすがに、これには僕も
びっくりしました。

なんせ、月500万円の広告費で、
売上は実に、1000万円を出していたのですから。

1000万円の売上が翌日忽然と消えたような
カルチャーショックなわけです。

グーグル様には問い合わせを入れたり、
どうすれば、アカウントが復旧するのか?
あの手、この手で連絡をとろうと試みましたが、

問い合わせを入れても返信はなし、

新しくアカウントを作ろうが、
またすぐに、アカウントは凍結。。。

とまぁ、こういう状況に陥り、
この一連のショックを、

グーグルスラップショック

と名づけたのですが、

その後、他にも同様の状況に陥った
クライアントさんが何百社もいたようで、

情報商材のアフィリエイトをこの手法で
やっていた人など、食いぶちがなくなって
路頭に迷う人が続出したなど。。。

まぁ、大きかったわけです。

この影響も。

その後、何度もグーグルにアカウントを消されようが、
新しいアカウントを作り、そして消され、そして作り、
こういう人達も続出したようでしたが、

僕は、1ヶ月ののちに、
この事態を冷静に受け止め、

今までの、広告に頼ったビジネスモデルを
見直すきっかけとなりました。

で、これってまさに、
今のアメブロの状況に似てますよね?(笑)

僕はこういう経験をしているので、
人のフィールド内でビジネスをやる限り、
こういうルール変更はつきものだと思っています。

だから、手段に頼ったビジネスは、
危ういと僕は思うわけです。

じゃあ、こうなっても、ご自身のビジネスに
影響が出ないように対処は可能なのか?

と質問があるとすれば、

もちろんその対応はあると答えましょう。

その為にやる対策は、

・メルマガで顧客リストをとる事ですか?
・独自ワードプレイスでブログを構築することですか?
・ブログをやめて、HPにするべきですか?

こういう答えは、すべて手段的発想なわけです。

だから、先に答えたように、

・アメブロを辞めて他のブログにするべきだ。
・消されてもアカウントをまた作ってごりごりやる。

このどちらでも僕はないと言ったわけですね。

これは、あくまでも
考え方の問題であって、

・プラットフォームをどこに置くのか?
・自分の土俵をどこに置くのか?

まずはここからベースに考えるべきなのです。

ここが定まらないで、
闇雲に、ブログをやろうが、メルマガをやろうが、
そもそも、意味がないと。。。

このベースとなる母体をビジネスをやるには
まず、考える必要があるわけです。

あなたにとっての
ビジネスの拠点ともなるベースはどこでしょうか?

それが、もし、人のふんどしの上だとしたら

それは再度考えなきゃいけないですね。

是非、この機会に自分がビジネスをやる
プラットフォームをどこに置くか?

ちょっと考えてみてはいかがでしょうか?

それがあれば、
アメブロが今後ルール変更しようが、
特にたいした問題ではありませんよ!(笑)

では、また!

PS. Anomalyという企画を運営してます。
”対話力”を鍛える”場”ですが、
はっきりいって、この中でも話をしっかり聞いてさえいれば、
ビジネスをするのなんて簡単な事だと気付けると思います。
悩みのない人なんていないのですから(笑)

公式facebookページはコチラ↓↓↓↓

裏Anomalyメルマガはコチラ
(”伝える””聞く”の極意無料音声プレゼント中)↓↓↓↓

PSS. 雇われない”ビジネス”する生き方
一人っ子ビジネス戦略家@クメのメルマガは
こちらから登録出来ます。

まぁ、発行不定期、”きままに”がもっとーですので(苦笑)↓↓↓↓

  

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top