Kumemoto Jun Official Blog

【The Anomaly in 東京(7/22,7/23)】

22日、23日は、Anomaly in 東京
Anomalyは13時~20時の8時間
参加者8名~10名ぐらいが、
ビジネスを語る”場”である。
”対話”を通して、自分の考え以外の
他人の考えを取り入れてる”場”である。
その奇妙な”場”は終わった後も、
20時~早朝5時ぐらいまで場所を変えて続く。
7月22日(日)13時30分~早朝5時
7月23日(月)13時30分~早朝5時

こんなタイムスケジュールで活動する(苦笑)

photo:01



おかげで、32歳の体は、48時間近い活動を終えると、
24時間の睡眠につく。。。
火曜日まる1日寝まくって、
気づいたら水曜日の朝を迎える。
火曜日はどこに消えてしまったのか?(笑)
どうも、
一人っ子ビジネス戦略家@クメです(笑)
気づいたら水曜日になっていました。
ブログ頑張って更新していても、
Anomalyの前後は全くブログを書く隙がありません。
そのぐらい2日間を、
集まった十数名の人と向き合ってます。
今回でAnomalyも2ヶ月目を終わりますが、
参加者との交流はすさまじく濃密で、
2ヶ月でここまで腹を割って対話をする事が、
今まであったっだろうか?と感じています。
参加者の目的や、この企画の目的は
それぞれあったりしますが、
僕個人的に、Anomlayを主催した個人的な目的の1つに
生涯をかけて付き合える人材の発掘
という、隠れテーマが僕にはあります。
はっきり言って、生涯をかけて付き合える人材なんて
ちょっとやそっとの人間関係の上では
見つけようと思っても見つかりません。
深く、深く、その人の過去から現在未来を
知る必要があるからです。
しかも、一朝、一夕じゃ深いテーマの話なんて
なかなか出来るものじゃないからです。
でも、このAnomalyではそれをたった2日間で
時間を一気にちじめる事が可能です。
そんな事できるんですか?
という、疑問もあるかもしれまえんが、
上記のようなタイムスケジュールで、
相手の人生にたった1日でも深く真剣に
関わる機会なんて、大人になってからありますか???
まぁ、ありませんよね。
普通は。。。
でも、Anomalyは
”日常に非日常を取り入れよう”という
コンセプトに行う活動全てをさしています。
”他人の人生にダイブ”
これが、たった1日24時間の中で、
体験できてしまう”場”でもあります。
まぁ、気になった人は、
是非、こちらから裏メルマガに登録しておいてみて下さい。
今日は、Anomaly in 東京での様子と、
その中で、僕がもっとも大事だと思った
今回のAnomalyを通しての気づきをシェアしたいと思います。
Anomalyの第一人者でもある、
主催者の、ネット起業家『和佐大輔』氏
及び、
共同主催で今回Anomalyを補佐役としている
一人っ子ビジネス戦略家@クメは、
インターネットというフィールドで、
小さいながらも、成功を収め続けている人間です。
なので、ビジネスを語る”場”でありながら、
やっぱり、僕ら2人の共通項としては、
”インターネットを抜きには語れない領域”
があるわけです。
その中で、インターネットを使った
ビジネスを展開していく中で、これは重要だな。
と思った、気づきがあったのでそのシェアになるのですが、
僕らは、インターネットで何かを発信する時、
・ブログで記事を書く時
・ツイッターで144文字で表現する時
・facebookで何かを発言する時
・メルマガで読者にメールを送る時
これらの時、
それは、誰かが聞いてくれてる前提で
話を書いたり、情報を発信したりすると思います。
しかしながら、
それは、一種の”思い込み”のようなものです。
インターネット上では、
誰かが見てくれてる、誰かが聞いてくれてる
というのを前提にしたアウトプットでは、
誰にもあなたのメッセージは届かないという事。
ここ非常に大事だと今回思いました。
もう一度繰り返します。
誰かが読んでくれてる事を
大前提にしたアウトプットは、
ネット上では、誰も見てくれてないのと等しい

インターネット上では、
僕らの存在は存在していても、
相手に意識してもらわなければ
それは認識できない通りすがりの他人みたいな存在です。
それが、例え、知り合いだったとしても。。。
誰かが見てくれてる。
誰かが自分の意見を聞いてくれてる。
なんて事は、思い込みの範疇でしかないわけです。
「え、でも、クメさん僕には読者がいますよ?」
「知り合いが読者登録してくれてますよ?」
読者登録してくれているのと、
あなたの発信する情報に耳を傾けてくれている
両者は別に同じ意味でもなんでもないわけです。
じゃあ、どうすればいいのか?
という部分の話ですが、
「極によった情報発信を心がける」
まさに言葉で表すならこれに尽きるわけですが。。。
もうちょっと噛み砕いた表現をするなら、

「あなたの存在を知らない人に向けて常に発信する」

という事でしょうか。
知ってる人を前提に情報発信をすると、
知らず知らずのうちに、自分の事を知ってる事
前提で、話をしているわけです。
あなたの事など誰もしらない。
という事前提に発信をするのと、
あなたの事を知っている人に向けて
何かを発言したりアウトプットしたりするのは
全くもって、表現方法が異なるわけです。
だからこそ、常に、
”極によった情報発信を心がけなければならない”
という言い方をしているのですが、
あなたにとって、
Aという考えが正しいと思っていて、
Bという考えが間違ってると思っている。
例えば、僕にとって、
アフィリエイトで稼ぐとか、
メルマガで稼ぐとか、
ヤフオク、せどりで稼ぐとか
そういう情報発信してるやつはカスだと思うわけです。
僕にとっては、これがBという考え方。
稼ぐ方法が大事なのではなく、
なぜ?稼ぎたいかが大事なのです。
そこが明確になっていれば、
アフィリエイトをやろうが、メルマガだろうが、
せどりだろうが、ヤフオクだろうが稼げるのです。
手法だけを全面的に押し出して、
アフィリエイトが稼げるからやろうぜ!!!
という奴は、小遣い稼ぎのプロかもしれませんが、
ビジネスのプロではない。
そんなやつが教えても、稼げるようには絶対ならない。
そう僕の中では思っていたりします。
これが、極によったアウトプットです。
Aは正しいと思うが、
Bは間違っていると思う。

これを、常に、発信し続けなければならない。
自分のことをわかってくれてる事
前提にしたアウトプットでは、
知らない人にはあなたは伝わらないし、
人は、他人のことなど忘れてしまうわけですね。
だからこそ、
知らない事を前提に極によったアウトプット
を、常に肝に銘じていないといけないわけです。
今回、一番最低なアウトプットの仕方としては、
どちらにもよらない、
自分の意見のあいまいな情報発信。

という事も、あげられていました。
僕は、Aも良いと思うし、
僕は、Bも良いと思う。
あなたはどっちがいいですか?
僕は、どっちでもいいと思う。

こういう情報発信が一番クソだと
議論としてはあがっていたり(苦笑)
まぁ、一番多そうですよね(苦笑)
こういう、アウトプットをしている人が(苦笑)
こういうのは、日記であり、
日記を書いているぐらいのブログであれば、
特に問題はないのでしょう。
でも、これでは、読まれないし、
相手にも流されてしまって終わりです。
インターネット上で、
スルーされてしまったり、記憶に残らなければ
”あなたは存在していないと同じなのです。”
これは、
インターネット特有のコミュニケーションです。
どうでもいい存在は、
存在していないのと同意義な扱いなわけです。
リアルコミュニケーションは
これが若干違います。
どうでもよくても、そこにあなたが存在していれば
それを無視は出来ないと思います。
でも、ネットは、そこにあなたが存在しているかどうかは
あなたの発言次第であるという事です。
これは、インターネットを使うならすごい
大事な事で、結果を出している人は
当たり前のように考えている事です。
『極によったアウトプット』

どちらが、正しいのか?
どちらが、間違ってるのか?
それは、あなたがどう思うかでしかないわけで、

絶対的な答えなんてないわけです。

自分の中で何かが正しくて、
何が間違ってるかがあればいい。
そこに自信を持って発言する事ですね。
これは、僕も今回の”対話”の中で、
改めて認識させられました。
こういうのが、”対話”の中で気づけるのが
Anomalyの面白いところです(笑)
8月に新規募集が確実となりました。
非公式裏Anomalyメルマガでは、
いち早く、募集の案内を流そうと
思っていますので、
気になった人は、
裏メルマガに登録しておいて下さい。
現在決まっている事は、
神戸参加者限定5名
東京参加者限定5名

たった10名の限定募集になる予定です。
では、メルマガはコチラから
↓↓↓↓
裏Anomalyメルマガはコチラ
(”伝える””聞く”の極意無料音声プレゼント中)↓↓↓↓
 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top