Kumemoto Jun Official Blog

【内容は面白いが感情がこもってない。。。】

先日から紹介している、
僕がやっているAnomalyという企画の
東京Anomalyスポット参加募集動画 

に関して、
こんな感想を貰いました。
----------------------------------------------
『内容は凄く面白いし、人にはない視点で
書かれているのですが。。。
棒読みというか、感情がこもってないというか。。。』

----------------------------------------------
多分、実際に聞いてもらえれば、
この方の感想の意味もわかると思います(苦笑)
↓↓↓↓
東京Anomalyスポット参加募集動画
(※募集期間は~8/22(水)までです!)

はっきり言います。

『その通りでございます(汗)』

というのも、僕はネット上の公の場で
このように音声動画で自分をさらす事は
今回”初モノ”に近い感覚でした。

それが、余計に、顕著に出たのがまさに
この人の感想だと僕は思いました。

そして、実際にこの人は、
僕に会ったことがある人だけに、こんな感想も
一緒に頂戴しました。
----------------------------------------------
実際にお会いして、その魅力に取り憑かれた者としては、
この動画は非常に物足りないと感じてしまいました。
 

----------------------------------------------
本当に、自分がまだまだだなーと
己の未熟さを痛感させてくれる感想でした。

実際に、会った人にとって、

「今回の音声動画は物足りなかった。」

これは何を意味するのかというと、

一人っ子ビジネス戦略家@クメ

という人間がいるとして、

”ネット上の僕<リアルな僕”

こういう公式がその人の中で
おきてしまったという事だと思います。

で、

今回の事って、何も僕だけじゃないと思います。

多くの人は、まさにこの状態なわけです。

”ネット上の自分<リアルな自分”

これってすごく勿体ないですよね?

きっと、感想をくれた人も、
僕の魅力がネットという音声動画によって
魅力が十分に伝わっていないという事に
残念な気持ちになってくれたんだと思います。

で、僕自身も非常に無念と思いました。

ただ、このようなもったいない状態ってのは
決して僕だけに起こってるわけじゃないのです。

あなたもまさにこの状態なんですよ(苦笑)

僕が言いたいのは、

ネット上で存在している自分を誇大に見せろ!
とかってことじゃありません。

これは要するに、

『ネット上の自分>リアルの自分』

こういう事を言ってるわけですが、

ネット上にはこういう風に見せる人達もいます。

例えば、自分を見た目よりお金持ちに見せたり、
自分はよりすごい人間だと思わせたり、
有名な人と一緒にいるだけで、自分も同じレベルだと
思わせるような、そういう行為のことですが。。。

これは、僕はネットでやったらNGだと思うわけです。

自分をより大きく見せる行為。

それはすなわち、ボロが出ます。

実際に、リアルで会おうものなら、
その人がいかに虚像を見せてるのか
やっぱりわかっちゃうものなんですね。

で、それは信頼をなくす事になりかねないので
僕は、こういう人達ははっきりいって
残念でしょうがありません。

でも、

「ネットでの自分<リアルでの自分」

こういう人達も、同じぐらい残念なわけです。

あ、これは自分のこともそうか(笑)

だって、もったいないじゃないですか?

自分の魅力がちゃんとネットを通すと
相手に伝わってないって事は。。。

でも、逆にこの公式を、

ネットでの自分=リアルでの自分

こうする事で、十分にあなたの魅力は
あますところなく相手に伝える事が出来るようになるわけです。

で、先日から僕はこの事について
今回の音声動画という作品を作ることで
気づいてしまったことがあることを
あなたにもお伝えしていたのですが、

あなたは覚えていますか?

ネット上で自分の魅力を最大限に伝えるには、

情報という作品を今後作っていかなければならない。

まさに、この部分の説明になるのですが、
前回記事でここに関しては、詳細に説明していますので
そちらの記事をまだ読んでない人は
確認してみて下さいね。
※前回記事はこちら

”情報という作品”

ネット上では、自分を表現するために
・文章によって表現する方法
・動画を使って表現する方法
・音声を使って表現する方法

だいたいこのぐらいかな?
これらの方法があるわけです。

これらの方法を使って、

作品レベルの情報を
アウトプットしていかなければならない。

まさにここなわけです。

僕も、今回音声動画という手法で
自分を表現してみて思ったわけです。

「あ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

Return Top