Kumemoto Jun Official Blog

【恒例の●●●に行ってきます。】

さぁ、これから恒例の
耐久10時間個別『対話』を控える
”もんじゅ”です。
Anomalyという僕がやってる企画を
僕自身の手によって補足するという企画。
通称「もんじゅの部屋」と言います(笑)
あまり深い意味はないのですが、
1対多数だとやっぱり、どこか踏ん切りがつかず
言いたいことが言えずに終わってしまった。。。
そんな部分を補足するために、
1対1で僕が聞き役にまわり、
Anomaly内で感じてることや、
本当は皆の前でいいたかったけど、
どこか引っかかって言えなかった事。
そーいうのを、僕というたった一人の人間に
『思いのたけをぶちまけてもらう”場”』
僕はネットで見てる以上に、
あなたにとって兄貴的存在なんですね。
だから、僕には皆いろんな過去をぶちまけてくれる。
というか、どんな過去があろうと、
僕はその人をたった一人の人としてみてるので
どんな自分がくそみたいな過去があったとしても、
別に、僕はそれを受け入れられるのです。
なぜだろう?
と僕はふと思ったんですけどね。
僕は、父親と母親とくに母親なんですけど、
多分、いっぱいいっぱい愛をもらってきたんだと思います。
なんか、気分悪くされたら本当に
申し訳ないと思うのですが。。。
ぬくぬくと育ってきたんですね。
愛をいっぱい注がれて。。。
僕にとって母親は
『いつでもどんな僕でも受け入れてくれる存在だった。』
だから、僕の人と接する時の前提で、
その人がどんな生い立ちだろうが、
その人がどんな人間だろうが、
まず最初に受け入れようという気持ちが根底にあるんです。
特に、過去悪人だった人に僕は
結構好かれる傾向があるので、
それが一番上の事実を証明するだろうな。
僕は悪いことをしてきた人を悪いと思わないので(苦笑)
多分、こんな間抜けなぐらい、
人を信用してしまう人間はいないぐらい
僕は多分お人よしの部類に入るわけです。
でもね、
人が騙された!って思う場面場面で、
僕は学習して、何で彼はこんな態度をとったのだろう?
何で彼は、僕にうそをついたのだろうか?
とかって、今まで人生学習してきたつもりなので
基本騙された!って思って生きてきたことが
正直ありません(苦笑)
だから、お人好なのでしょうね(笑)
まぁ、そんな僕だからこそ、
”もんじゅの部屋”ってのがやれてたりするわけで。
皆、それぞれのダークな過去を話をしてくれます。
でも、僕が聞けばどれもがダークじゃなくて、
「聞けてよかったー」って思う過去の話だったり。
その人からすれば、
ダークな過去でも、僕から見れば、その人の人生そのもの。
僕は必ず言います。
「聞けてよかったよ。」と。

多分、自分が見てる過去と、
人から見てる自分の過去に
こんなに違いがあったんだー。
って思える所から自分ってのが
本当の意味で見えてくるのかなーって
この”もんじゅの部屋”をやるようになって思います。
まぁ、ここまで聞いたら
カウンセリングみたいな職業っぽく見えるのでしょうが、
僕の専門分野はそこではないので(笑)
そこから、ようやく、
その人はスタートを切れるわけですね。
今やってる問題点は、
実は根底にはそんなところにあったりするんですね。
過去を切り捨てて”今”を生きよう!
そんな事じゃ、腹から声が出ないんですよ。
腹から声が出ない?
本気で、ビジネスをやりたかったり、
誰かに向けて情報発信をしたいと思ったら、
腹から声を出さないといけない。
腹から声を出すってのは、
過去を受け入れた上で”今”ある自分を認める事です。
今、何かをやって立ち止まってしまってる人は、
どこかで過去からの自分と
今の自分が一直線で結ばれていないから、
何かひっかかってるから手が止ってしまう。
だったら、吐き出そう。
吐き出せば、そのつっかえがとれて
スムーズに前に進ぬエネルギーに注がれるわけです。
目の前に見えてる問題は問題じゃない。
ネットでビジネスをやろうとすると、
ブログを書かなきゃいけないとか、
メルマガ書かなきゃいけないとか、
ネットの事勉強しなきゃいけないとか、
そういう些細な事を問題にしてしまってる人が多いけど、
そんなの本当の所は問題じゃないと思うんですね。
本当の問題は、
もっと、スッキリすればいいだけ。
あ、すごい簡単に要約していっちゃいましたけど。
もっと自分の言いたい事を言ってみるとか。
自分のやりたいようにやってみる。
今の満員電車の生活してるのに、不満があるなら
その不満をぶちまけてみるとか、
もうそんな生活をいっその事辞めてみるとか。
我慢をやめてみるってことです。
そしたら、
本当の意味で腹から声が出ます。
過去にエネルギーが向かなくなるので、
”今”これから”未来”に対してだけ、
思う存分エネルギーを向けられる。
これって、すごい事だと思いませんか?
僕は、よく声がでかいとか。
僕は、よく声が通りますよね。

と、人に言われる事が多いのですが、
そりゃーそうです。
僕は過去を受け入れてます。
しかも、去年自分の身に起こった、
B型肝炎という不治の病さえ僕のさまたげにならない(笑)
くよくよしてたって、何も起こらないし、
出来ることしか出来ないし。
これが僕の生きる事への根底の考えだったりします。
だからね、
そういう”場”を、今提供出来る事を誇りに思ってるし、
僕はここまで、お人好に育ててくれた母親には感謝です。
これが、僕の特技であり、人よりも秀でた所だから。
まぁ、そんな『もんじゅの部屋』があるのも
Anoomalyのおいしい部分だったりします。
さぁ、そろそろ、もんじゅの部屋をやるために、
ラブホテルに行かない時間がきてしまいました。
是非ね、
自分の思ってる事、
ぶちまけられる相手を探してみて下さい。
今、目の前にある問題なんて、
本当に些細な事だと僕は思いますよ。
何か参考にしてもらえれば!
では、また!
もんじゅ

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんわ
    ショウギです。
    自分が話を聞く側に回った時
    自分の許容範囲を超えた人の話を聞くと
    どう対応すればいいか解らなくなって
    いつもシドロモドロしていたんですがOrz
    モンジュの今回の話で
    新たな視点が開けました!
    教えてくれてありがとうだったんですね(^^)
    今日も素晴らしい内容を有難うございます!
    ではモンジュの部屋頑張って!!

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top