Kumemoto Jun Official Blog

【60人以上と本気で話て学んだ対話の極意】

この半年間、”対話”というキーワードを元に、
実に約60名以上の人と、本気で向き合って
話をしてきた、
”もんじゅ”です。
これ、僕が主催するAnomalyって企画で
僕や共同主催者の和佐大輔氏が
ともにやってきたことなんですが。。。
”対話”って言うのは、
自分をさらけ出すことです。
ですが、自分の思った事を
いきなり相手に唐突に伝える事じゃないです(苦笑)
だってね、
そんなの相手が聞いても良い気持ちにならないわけです。
もうね、ビジネスではこれが重要なんですよ。
ネットビジネスだろうが、
リアルビジネスだろうが、
ビジネスの始まりはどこから始まるか?
そう。お客さんから始まるのです。
お客さんが神様だとか
そーいうことではありませんよ。
”お客さんがいて、商売が始まる”

インターネットでは、
自分の言いたいこと、思ったことを
ブログやメディアと呼ばれる媒体を通して、
発信していく必要があると言われますが、
これは、別に言いたいことだけを言え!
ってわけじゃないわけです。
だって、それは、
オナニーなんですよ(苦笑)
ここを勘違いしてはいけない。
先日、Anomalyに参加してるメンバーで、
「実生活で本音で話をしていると、
 まわりから拒絶されるようになった…」

と、悩んでる人がいました。
Anomalyの”場”では実に自分の本音を
さらけだすように、まわりが話を誘導してくれます。
だから、自分の思ってること
本当は奥底に眠ってる事を話したくなり、
そして、その思いを吐き出すとスッキリします。
だから、日常の生活でもより本音を
吐き出して生きたくなる。
仮面を被ってた自分を壊したくなる。
だから、より日常で会う人と
違和感を感じて付き合うようになります。
だって、ほとんどの人が、
表面上の付き合いを保とうと仮面を被って
世の中生きているのですから。
でもね、
その人だって、別に好きで仮面を被って
本音を隠して生きてるわけじゃないんです。
そんな人に、自分はこう思うよ!それはダメだ!
そんな否定的な意見を言われたら、
そりゃー、日常の相手もムカってくると思います。
本当に大事な”対話”の極意はですね。
相手を受け入れて理解する。
要するに、相手にまず全てを
吐き出される事にあるのです。
これはすなわち『聞く』技術です。
僕が、半年間かけて誰よりも対話したのも、
全ては、この『聞く』という行為に
全エネルギーをかけていたわけです。
だから、
Anomalyに参加したほとんどの人が、
僕が何をどうやって?今稼いでいるのか?
実際に普段何をしてるのか?
多分、ほとんどの人が知りません(笑)
よく、もんじゅは不思議だ。
いろんな過去があるし、
いろんな経験があるから、
何をやってきたのか全然イメージがわかない。
よく、そーいわれます(笑)
半年間、こんだけ相手と向き合ってきたのに、
相手は僕の事をほとんど知らないわけで
それでも、すごい仲間的な関係になるのです。
これはね、僕が
『相手を理解しよう受け入れようと話を聞いてる』
たったこれだけなんですね。
だから、相手は僕に心を開いて
自分の本音で話をしてくれるわけです。
本当は、自分のことなんて、
相手は知りたくないのです。
自分の意見なんて聞きたくないのです。
まずは、
自分の話がしたくて、
自分の話を理解してもらいたくて、
自分の話を受け入れてもらいたいのです。

そして、自分の意見を言うにも、
相手の立場、状況がわかってなければ、
相手が聞いてもらえるように話す事は出来ないのです。
はっきりいって、
これが、ビジネス、商売をするうえで必要な
”対話の極意”です。
実際に、ビジネスで結果を出しているメンバーを
見てみると、面白いぐらい話をよく聞きます。
むしろ、相手の話を聞いていて、
その話の説明が相手にしかわからないような
言葉になっているところを、
より、わかりやすく説明しているために質問を投げかけます。
『自分がやりたいことをやりたいんです。』
「自分がやりたい事って何ですか?」
『え?自分は過去に●●のような経験をしてきたので
 これをいかした●●のような事をやっていきたいんです!』
こうやって、
相手にしかわからないような言葉を
誰にでもわかるような言葉に変換してあげる
サポートをしてあげてるわけですね。
これこそが、まさに、対話の極意なわけですよ。
そうやって、話を聞いていると、
なぜ?相手がそれを話たかったのか。
なぜ?相手がそれを伝えたかったのか。
そーいう相手の想いの背景にぶちあたります。
それこそが、
本当に相手が話したいこと、伝えたいこと。
なんですね。
そこを理解してあげることが出来れば、
僕らの話はいくらでも相手は聞いてくれます。
だって、本当にいいたかった事を
理解してくれたって感じるのですから。
Anomalyでは、”対話”をメインに、
自分の本音を引き出すお手伝いをしたりします。
が、
それは、ほんのまだ序章なのですよ。
ビジネスというのは、
最初にも話をしましたが、
まず、お客さんから始まるのです。
お客さんが何がいいたのか?
何をどう思ってるのか?
ここをしっかりと聞いてあげれなければ、
お客さんの事を理解してあげれないわけで、
お客さんの事を理解してあげれない
そんな商品やサービスは、
やっぱりそれは売り手の独りよがりなモノなわけです。
別に、お客さんの言いなりになりましょう。
と言っているわけではありません。
お客さんが、間違ってるなら間違ってるで、
ちゃんと訂正して正しい方向に導いてあげる
これこそが、販売者の正しい在り方だと僕は思うのです。
ただ、
いきなり、
『あんたは間違ってるよ!お客さん。』
では、お客さんは振り向きませんよね?
だから、
まずは、お客さんの言い訳だろうが、言い分だろうが、
聞いて本当の心の奥底にある本音を引き出してあげる。
そして、それを理解して受け入れてあげる。
まさにその後に。。。
自分の言いたい事を伝えるチャンスは来るのです。
その時に、自分が思うこと、自分の意見、
そーいうのものは述べればびっくりするほど、
スムーズに話を相手は聞いてくれるものです。
言うのは簡単、やるのが難しい(笑)
でもね、このスキルは
本当に一生モノのスキルだと思いますよ。
そして、心構えは、
『相手を受け入れて理解してあげる』
『自分と他人は違う事が前提』
って事ですよ。
僕が家庭がすごく円満なのは、
これが実際に、前提としてあるわけです。
奥さんはビジネスなんて興味がない。
奥さんは家族であっても他人だ。
だから、僕は奥さんに僕のビジネスの想いなんて
そもそも理解してもらおう、わかってもらってるなんて
思っていません。
だから、毎日”対話”をしながら、
こんなことがあったんだよ。
こんな人がいて、今こんななんだよ。
と、僕のことよりも、僕と関係するまわりの人の
話をする事で、僕がなんとなくでも
やってる事が伝わればいいかなと思っています。
でも、わかってもらってるなんて思ってない(苦笑)
だから、一生懸命わかりあえるように
日々努力をしています。
もちろん、奥さんの事も同様ですよ。
子供の幼稚園で何があったのか?
どんなまわりに友達がいるのか?
そーいう話を聞くことで、今の奥さんが
どういう状況なのか?を理解しようと質問します。
前提としては、他人だからわかりあえない事が前提です。
だから、努力を日々する事が出来るのです。
お客さんや、仲間もそうだと思います。
所詮は他人であって、
本当の意味で、わかりあえる状況なんてないわけです。
だから、わかりあいたいからこそ
相手と真剣に向き合って、話を聞く必要がある。
是非ね、日常でもいかせるスキルだと思いますよ!
そして、そんなスキルを学びに来るのも
また良いかと。
これは普遍的な商売のスキルですから。
ではでは、
そんな感じで!
もんじゅ

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    もんじゅさん、初めまして。
    僕は人の話を聞き流してしまうことがよくあります。だから、言った言わない、聞いた聞いてないで、もめることがあります。
    それは、結婚してコミュニケーションでのトラブルが頻繁に起こるようになって、自分にそういう癖があることを知りました。
    妻から何度注意されても話を聞き流す癖が抜けなくていい加減信用がなくなっています。
    どうしても自分本位な思考になってしまうようです。今日のもんじゅさんの記事を読んで、改めて自分の意識の持ち方を見直して、あきらめずにチャレンジしたいと思います。
    とても羨ましくなりました。この羨ましいをモチベーションに変えて頑張ります!
    ありがとうございました。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ここに投稿して、こばこばさんが自分が
    そのような状況である事を認識してる事、
    奥さんから信用がなくなってる事、
    僕に話しをしてくれたことを
    そっくりそのまま、奥さんに話をしてあげてください(笑)
    多分、奥さんが聞きたいのはまさにこの事だと思います。
    奥さんが話を聞いて欲しいのは、
    内容じゃなくて、まさにこの注意されたことを
    僕は理解したよ。。。って事だと思いました。
    せっかくね、僕という赤の他人に話をしてくれたんだから、
    是非、赤他人である奥さんにも同様に
    自分の気持ちを正直に打ち明けてみてほしいです。
    ここのコメントに書かれたの
    奥さんが見たら、奥さん喜ぶと思いますよ!
    是非ね、一緒に頑張りましょう。
    もんじゅ

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top