Kumemoto Jun Official Blog

【誰にでも出来るマネタイズの方法】

どうも、
”もんじゅ”です。
前回記事を書いてから、
結構ものすごい、出来事が起きました。
もちろん、自分だけの話なので、
多分、わかる人はわかると思います。
が、
人によっては、
全然それがどのぐらいのダメージか
わからない人もいると思いますが、
『アメブロがついに削除されましたー!(苦笑)』
まぁ、前々から削除されるだろうな(苦笑)
という覚悟は決まっていて、FC2ブログに
切り替えてやっていたのですが、
やっぱり、2011年6月ぐらいから
ずーっと書き続けていた自分の居場所がなくなるのは
正直ショックはショックです(苦笑)
記事も失ってないし、
でも、アメブロを見ていた人もいてくれただけに、
なんともなんとも…。
でも、気持ちを切り替えてまた記事を書きます(笑)
失ったものは、僕という人間ではなく、
アメブロというブログの外側だけなので。
そーいうことで、
マネタイズ力の続きの記事を書きましょう!(笑)
前回記事で、
マネタイズ力ってのがなぜ重要なのか?
そもそも、マネタイズ力って何なのか?
って説明はさせてもらったので、
今回は、もうちょい具体的な話をしていきたいと思います。
ちなみに、前回記事はコチラから
【マネタイズ力を鍛えよう!】
ちょっと前回記事の復習ですが、
僕らは、基本的に今まで僕ら自身の
価値を現金に換えたりする方法ってのは、
・自分の時間を差し出して現金に換える方法
・相手の持ってるモノを自分の持ってるモノの貸し借り

って経験しかしてきてないわけです。
特に、現金に換えるって事は、
・自分の時間を差し出して現金に換える方法
ぐらいしか経験がないわけです。
今回僕が、誰にでも出来るマネタイズ方法
として話をしたいのは、
後者の、
・自分が持ってるモノを
相手が持ってる現金と交換する方法

に関して、お話をしたいと思います。
方法というよりは、
ルートだと思って下さい。
それには、僕のこんな正月の話を聞いて下さい。
僕は、正月に、久しぶりに
岩手の実家に家族で帰省していました。
僕の実家には、
僕の娘たち(長女5歳、次女3歳)が遊ぶような
おもちゃなどないので
娘たちが、
『おもちゃないの?おもちゃないの?』
と、僕の母親に催促をしていると、
僕の母親が、
「あんたの小さい頃使ってたおもちゃが物置にあるのよ。」
と、僕に言ってきました。
無論、僕は男の子なので娘が遊ぶような
おもちゃなどないだろうと思いつつも、
物置なるものを物色していると、
僕が小さい頃、幼稚園~小学生ぐらいに
遊んでいたおもちゃが沢山そこに眠っていたわけです。
(※子供の登場はここでは関係ないですw)
で、僕はその懐かしいおもちゃに、
『あー昔はこんなので遊んでいたなー!』
と喜びつつも、
パッと思いついたことがあります。
『これって、今の俺にとっては昔の思い出だけど、
 世の中の人はどれぐらいの価値をつけるのだろうか?』

僕からしたら、
『昔の思い出』『遊ばない価値0のもの』
でも、世の中の誰かにとっては
価値があるのかもしれない。
これが、僕が思いついた発想です。
で、僕は、
yahooオークションでおもちゃの名前や、
オークファンという過去の売買履歴を
確認できるサイトで値段を調べたわけです。
すると、
僕からしたら、もはや価値は0、思い出はあるので
ゴミとまでは言えませんが、
でも、実際にはゴミ同然の扱いをされていたおもちゃが、
ネットで調べれば、5000円程の価値で売買されている。
僕はこのような経験を正月に実家に帰った時にしました。
これ僕が大事だと思ったことわかります???
yahooオークションに出せば売れるとか、
そーいう事をいいたいわけじゃなくて、
僕が言いたかったのは、
モノの価値は、
自分が決めるものじゃなくて、
相手が決めるモノなのです。

そして、それを調べる方法、ルートこそが、
誰にでも出来る、マネタイズ方法の1つです。
自分にとって価値がないものでも、
誰かにとって価値のあるものかもしれない。
そこを、調べるくせをつける事、
客観的に把握する経験こそが、
マネタイズ力を鍛える上で重要なんです。
逆に言えば、
自分が価値があると思ってるものは、
他人が価値があると思うかどうかはわからないのです。
他人が価値を感じるモノ
他人が価値を感じて現金に換えてもいいと思うモノ
それは何なのか?
それを知る能力こそが、
僕が言っている、
”マネタイズ力”なわけです。
もちろん、ネット上で調べる方法は
これだけではありません。
ありませんが、これは誰にでも出来るし、
誰にでも出来るけど、実際に経験してるのと
経験してないのとでは雲泥の差がうまれる部分です。
僕は、インターネットで何かやりたい!
って人には、yahooオークションをまず初めに、
やってみる事とかをお勧めしたりする事がありますが、
これは、
消費者としての目線じゃなくて、
モノを販売する側の視点に立つ経験をする事

の重要性を体感してもらいたいので
そのようなアドバイスをする事があります。
そんなの知ってるよー。
そんなの聞いたことがあるよー。
ヤフオクなんてやった事があるよー。
って思ってる人でも、
実際にモノを買ったことはあるけど、
売ったことがない人がほとんどです。
実際に経験してる人では、
自分の中のマネタイズの幅(ルート)がすでに違うわけです。
僕が、yahooオークションの経験をしたのは、
確か、19歳の時なので、もう13年前ですね。
その時に、
インターネットのマネタイズの可能性に触れました。
その時、衝撃的な経験は、
僕が、まったく価値がないゴミだと思っていた
読まなくなった、雑誌が、800円の値段がついた時に
ものすごい衝撃が走ったのを思い出します。
それは、何故その価値がついたのか?
僕は今でも覚えているのですが、
その雑誌は僕がバンドをやっていたころに、
よく読んでいた、Drmsマガジンというドラムの雑誌でした。
そこに、XjapanのYOSHIKIの特集が
組まれていた雑誌だったのです。
Xjapanのファンなのか、YOSHIKIのファンなのか
僕にはそれがどっちなのか定かではありませんでしたが、
でも、確実に、僕にとって不必要なゴミ同然のものが、
確実に、現金に変った瞬間でした。
今でも、この初期衝動は覚えてるのですが、
自分が価値がないと思ってるモノは
誰かの価値に換わる。現金に換わる可能性がある。

それを、調べたり、
それを売買するための方法に
インターネットというツールがまずあるわけです。
まずは、自分が感じてる価値ではなく、
まわりの人、他人が感じてる価値を探してみましょう。
オークファンというサイトは
過去の売買履歴が見れるので
自分がいらない不要だと思ってるモノを
試しに、調べてみてもいいかもしれませんね。
他人の感じている価値を知る事
この経験を積むと、
ちょっと見る世界が広がると思います。
そして、同様にインターネットの可能性を感じれるはずです。
価値ってのは、自分が感じるものではなく、
他人が感じるものにこそ注意を払うべきなのです。
是非、今パソコンのそばにあるモノを
すぐにオークファンで調べてみましょう(笑)
PS. こんな面白い話もあります。
僕が、ちょうど1年ぐらいまえに、
肝炎で入院していた時期があります。
その時期に、世の中の他人が感じる価値に
触れてみようと思って、GREEのゲームを
入院中にやっていた頃があります。
お金を払ってでも、ガチャを引きたいその心理とは?
僕も実際に経験してみて、
確かに楽しいし、お金を払う気持ちがわかりました。
でも、僕からしたら、
ビジネスの方が数倍面白いので、
だんだん、そのゲームから遠ざかっていたのですが、
なんとそのゲーム、日本で1000万人の人が
やってるゲームなわけです。
そりゃー、当然、価値ありそうですよね?(笑)
試しに、僕がやっていたゲームのデータを
他人がどのぐらいの値段をつけるのだろう?
と思って、調べてみたことがあります。
(これも、ヤフオクとオークファンで調べました。)
そしたら、なんと、10万円以上の
値段で売買されているわけですね。
(ちなみに、ゲームのデータの売買はRMTと言われて
 基本的には、違法行為に当たります(苦笑))
でも、実際には、たかがゲーム、
されどゲーム、ゲームを馬鹿にしちゃダメってことですね。
それにお金を払ってでもやりたい!
そのデータが欲しいという人が世の中にはいるのです。
ソーシャルゲームなんて!!!
なんて馬鹿にしていたらダメなのです。
他人が何に価値を感じているのか?
それは、自分の価値で判断しているうちは、
他人のことなどわかりません。
他人の事がわからなければ、
もちろん、ビジネスでお金を稼ぐことはできないわけです。
僕らは、今までの経験上、
自分の時間を切り売りする事でしか
他人は価値を感じないと思い込んでいるだけなのです。
他人の価値を知る方法
それこそが、マネタイズの1歩ですね。
是非、他人の価値観に触れてみてください(笑)
是非、またコメント下さい(笑)
マネタイズに関しては、まだまだ奥が深いので、
気になる人がいたら、他のマネタイズ方法も
いろいろ発信していこうと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top