Kumemoto Jun Official Blog

【めちゃめちゃ恐怖を感じた出来事】

めちゃめちゃビビってます(苦笑)
どうも、
”もんじゅ”です。
何に僕がビビっているかというと、
僕が、2011年11月に発症した
肝炎の今後の治療に関してです。
今は、投薬で肝臓の数値は
普通の人と同じぐらいに落ち着いています。
2011年11月に発症して、
約1ヶ月半ぐらい入院して、
ちょうど、数値が正常値に戻ってきたのは、
ちょうど2012年1月だから去年の話ですね。
今日、実は、病院肝臓の定期検診で行ってきて
今後の治療に関して、医者と相談してきました。
今の僕のこの病気は、
一生治らない病気になっているので、
今は、投薬で、薬を飲み続けるしか方法がありません。
飲み続けてる間は、もちろん、普通の人と変わりません。
でも、いつの日か、
このウィルスを抑える薬の効果が
なくなる可能性があるのです。
なので、若いうちに、
インターフェロンという副作用の強い、
ウィルスをさらに抑える注射の治療に切り替えましょう。
という事を、この1年間ずーっと
医者には言われ続けてきたのでした。
去年は、第三子(息子)の誕生やら、
新しいビジネスの立ち上げやらやってきたので、
まだ、その時期じゃない。
まだ、そのタイミングじゃない。
という思いで、1年間は投薬を続けてきました。
そして、2013年が明けて、
今年は、インターフェロンの治療にチャレンジしてやろう!
ぐらいの、感覚で、今日病院に行き、
相変わらず、正常値の肝臓の数値を医者とみながら、
『変わりないですよね~。』
と、いつもの会話をしていた時に、
僕から、
「2月からインターフェロンの治療に取り組みたいのですが…。」
という、話を切り出してみたのです。
すると、
・毎週1回注射の治療を受ける必要がある事(1年間)
・副作用はやはり強く、(髪の脱毛や、倦怠感、高熱状態)
こういうのがあるのを、改めて説明されました。
(1年間、この状態が続いて、投薬がいらなくなる確率は30%)
結局僕のかかってる肝臓の病気は、
自分の体内からなくなることはありません。
しかも、その状況に持っていく確率は30%…。
もちろん、事前にこういう情報は調べていました。
でも、実際に、日付が決まって、
2月から取り組みましょう!
という話になってみて、初めて実感します。
『やっぱり、怖いのです…。』
多分、久しぶりに、
恐怖という感覚を体感しました。
実際に、副作用がおこって、
まわりにかける迷惑だったり、
自分の体が、自分の手でコントロールが出来ない状態。
うーん。
”今”なのかな?と今でもまだ悩んでます。
非常に、こんな話聞いてもらっても、
おそらく、誰もなんも言えないとは思うのですが(苦笑)
自分も、この1年間、
全く自分が、肝臓の病気であることを
すっかり忘れていたのですが、
今日、治療の方針を変えようと決断した時、
自分が、病気である事を再認識しました(苦笑)
まいったー。
2月からは、Anomalyシーズン2もあるし、
うちのおちびちゃんどもは、まだまだ小さいし、
タイミングは”今”なのだろうか…。
まぁ、今日の投稿は、
重く受け止めなくて大丈夫なんで(苦笑)
僕も、怖いものは怖いって言いたかっただけなんです。
そりゃー人間ですもの…。
でも、どうするかは、
2月の治療を受ける前までに
ちゃんと決断しなきゃいけないんですね。
しっかり、自分の中にある
恐怖と向き合って、考えたいと思います!
そんな、心の声でした(笑)
ではでは!
もんじゅ

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    もんじゅの未来に、もし僕が少しでも参加させてもらえたら、嬉しい。
    インターネットの可能性を僕が人々に語れる実績を持った時、いま思えば笑い話であったって書く日を待ってます。
    いま考えられる最善策を選べば後悔はない。
    ですよね[i:63950]

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    スズシン、ありがとうー!
    facebookで、Anomalyの皆に投稿した時は、
    「こんなん書いていいかなー?」
    「逆に、こーいうの意見言いにくいよなー?」
    的な事を考えながら、えいやーで投稿したのだけど、
    皆の意見を貰って、自分が何に恐怖をもってるのか?
    とか、何に疑問を感じてるのか?とかが、
    だいぶクリアになってよかったー(笑)
    やっぱり、『対話』って改めてすごいねと感じました。
    自分一人で考えても、見えてこない事が、
    他人の言語を通して見えてきたり…。
    インターネットを使えば、
    『対話』の可能性もさらに広がるね!
    今回、自分が恐怖を感じた事をアウトプットして
    実験してみたけど、本当によかった。
    ブログもコメントもう少しあればいいんだけど、
    やっぱり、対話って意味では、
    facebookの方が、可能性は広いねー!
    スズシンも、2013年は、
    飛躍していきましょう!
    Anomalyシーズン2もうすぐだしね!(笑)

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top