Kumemoto Jun Official Blog

【飛躍的進化するのに対話が効果的なのは?】

自分の中だけで、解決出来ない事が
ふとした瞬間、解決した経験ってありませんか?
どうも、
”もんじゅ”です。
自分の中で、グルグル悩みが
うずを巻いて、迷宮入りしてしまう。
そんな体験は誰もが一度や二度した事はあるでしょう。
前回記事で、僕が悩んだのも、
また、答えの出ない問いを自分の中に
立ててしまって、丸一日考え込んでました。
前回記事で、僕が悩んだテーマは
僕の持病の治療に関してだったのですが、
(※前回記事はリンク先でどうぞ)
僕も、普段はそこまでな悩まないタイプですが、
年に1回ぐらい、答えの出ない問題に、
頭を悩ませることがあります。
決断しよう、決断しようと思っても、
その決断がなかなか下せない状態です。
でも、こーいうときって、
ある”きっかけ”があって自分の中に、
自分では考えなかった、点と点が線となって
ブレイクスルーが起こって
今まで見えてなかった道が見える瞬間があります。
じゃあ、その”きっかけ”とは何でしょうか?
僕は、今回、自分の中にある疑問の正体、
恐怖の正体、悩みの正体
そーいうものが、上手く自分のことなのに
理解出来てなかったわけです。
なぜ?自分がここまで恐怖を感じるのか?
なぜ?自分がここまで悩んでいるのか?
なぜ?自分がここまで決断を下せないのか?
自分の事だから、誰よりもわかるはずだと
僕は思い、一人でもくもくと悩んでました。
ノートに今置かれてる状況を書いてみたり、
他に、ネットでいろいろな情報を探してみたり、
何が、自分の中で疑問に感じているのか?
それが、わからない状態だったみたいです。

で、僕がとった行動…。
それは、まずはブログで書き出してみる事。
そして、僕が2012年6月~活動している、
Anomalyという活動の仲間達に、
今自分が抱えている恐怖や、悩みを
相談してみるという事でした。
正直、実際に、文章にしてみたら、
何か自分が恐怖と感じている事だったり、
悩んでいる事だったりに違和感を感じました。
そして、それを人に見せる事。
そこに、ものすごい抵抗がありました(苦笑)
特に、Anomalyという活動では、
僕は今持ってる病気に関して、
そこまで悩んでないです!と言っていただけに、
今さら、自分の病気で悩んでるとか、
しかも、共感も難しいと思うのですね。
『一生治らない病気の治療で悩んでます…。』
なんて、相手が聞かされても、
コメントしずらいだろうなーとか、
こんなの自分で解決する問題なんじゃないかな?とか、
あーだこーだ考えて、
facebookで投稿するボタンが押せませんでした。
でも、書いてしまったからには、
ここで消すのはどうなんだろうか?
どう思われてもしょうがない。
今、僕が丸一にもかけて悩んでる問題なのだから。
そう思って、えいやーとボタンを押して、
自分の悩みを開示してみたのですが…。
そんな中、
僕がやってきたAnomalyという活動の仲間たちは、
非常にいろいろな意見をくれました。
もちろん、治療に対する解決策が、
僕が欲しかったというわけではなく、
単純に、悩んでるんです。って事を
共有してほしかっただけなんですね。。。
で、本当に様々な立場から、
病気に対しての治療のアドバイスや、
僕がAnomalyという活動を治療によって
迷惑をかけるかもしれないという事へのサポートします!
的な、助言や、
自分の思うがままに決めればいいんじゃないですか?
といった、後押ししてくれる意見をもらえました。
で、
僕が、今回、このメンバーから貰った意見で
『はっ!?』と気づけたことがありました。
それは、
『自分が悩んでる悩みや恐怖は別のところにある』
僕は、自分の病気のせいで、
これからのAnomalyシーズン2という活動で
皆に迷惑がかかるかもしれない…。
家族が、治療をしている間に、
僕の病気の治療によって迷惑がかかるかもしれない。
そーいう所が、今回、治療に踏み出せない
決断出来ない理由だと思っていたわけです。
ですが、
実際に、
『迷惑ならかければいい!』
『もんじゅがダメになっても僕がサポートします!』
そーいう意見をもらったりしていたのに、
僕の中でも、治療をする事に決断出来ない自分が
そこにはまだいたのです。
そこで、僕はようやく自分が
なぜ?治療に踏み出せないのか?
その深い理由を、Anomalyのメンバーを通して、
はっきりと理解する事が出来ました。
僕が、”今”このタイミングで
治療に踏み出せない理由とは…。
僕自身が、自分の持病に対する知識、
そして、治療に対する知識が圧倒的に不足している

まさに、ここが”今”のタイミングで
治療に踏み切れない理由だったわけです。
僕は、去年病気が発覚してから、
1年間、投薬の治療を医者に進められるがままに
治療として行ってきました。
そして、1年たったタイミングで、
もう少し、副作用の強い治療に切り替えましょう。
という、医者に進められるがままに、その選択を
受け入れようとしていました。
でも、僕自身が、この治療方法や、
たった一人の医者の意見をそのまま選択として
チョイスする事に違和感を感じていたということです。
まぁ、この辺の、僕の具体的な
今後の持病に対する方向性はおいといて(苦笑)
僕は、自分が悩んでる事にすら、
何に悩んでいるのか?答えが見いだせなかったのです。
ただ、それが、
複数の仲間の意見によって、
僕が何に対して疑問を抱いて、
何がひっかかっていて決断出来ないのか?
それが、他人というフィルターを通して自分を知れました。
多分、一人で黙々と悩んでいた李、
一人でいろいろ調べたとしても、
本当の自分の悩みだったり恐怖の答えは
1日たっても、2日たっても、
出会えなかったと思います。
だって、そもそもの自分の気持ちが
わからなかったのですから…。
でも、他人を通して見えてきた答えで
僕のそもそもの自分に対する問いのたて方が、
間違ってる事に気づかされたわけです。
それも、時間にしてみれば、
わずか1日足らずの投稿と、数十人の意見によって。
これって、凄いことだと思いませんか?
他人の力を借りる。
しかも、それも1人どころじゃなくて、
数十人の力を借りれば、より自分一人で
模索しているところが、数十倍の速さで成長する。
これは、
”成長じゃなくて、飛躍的進化だな”
と僕自身が『対話』のすごさを
身をもって知った瞬間の話です。
僕は、普段あまり悩まないタイプです。
というか、ある程度の経験とか、体験とかが
身に付いてくると、反射的に決断を下せるように
なるというのが、悩まないタイプの正体なのですが。
僕は、だいたいビジネスで大きな決断をする時は、
失敗しても、ま、死ぬわけでもないし、
損をするといっても、所詮労働力ぐらいなもので。
と、そこまで、ビジネスの決断の場合は、
ある程度の経験や体験があるので、
瞬時に、決断を下す事ができます。
ただ、今回のケースの場合は、
なんせ自分の人生、言ってしまえば命に関わる決断
さすがに、僕の人生経験の中でも、
こーいう経験値はあまりないので(苦笑)
未体験、未経験の事だけに、
本当に、頭の中はぐるぐる悩みの渦で、
答えの出ない迷路でさまよってしまっていたようです。
でも、
実際に、僕にとっては経験がある事でも、
あなたにとっては経験がないがゆえ、
このようにぐるぐる渦を巻いて悩んでしまう事は
大いにあると思います。
その時に、本当に大事なのは、
1.他人が自分の話をちゃんと聞いてくれるか?
2.その人なりの意見をちゃんと言ってくれるか?

この2つの点が出来てる
人間関係を構築していないといけません。
正直、僕は今回、この2つの関係がとれている
仲間がいたからこそ、
自分でもわからない自分の気持ちに
気づける事が出来たわけです。
多分、全然知らない人に自分のこんな
持病の重い話をしていたとしたら、
『大変ですね・・・。頑張ってください…。』
『…。(わからないので無関心)』
まぁ、このどちらかでしょう(苦笑)
それじゃ、やっぱり人に話せないで
悶々自分の中で悩みの迷路に
さまよい続けるしかやはり方法はないのかもしれません。
では、どうやって?その1と2の条件を満たす、
人間関係を構築していくのか?
それが、今日の本題です。
答えは、2つあります。
1つ。自分がそのような人間関係を作る。
2つ。そのような”場”に交る。
この僕は2つじゃないかな?と思っているのです。
1に関して言えば、
自分が他人を受け入れて、理解する事を前提に
人に常に接するようにするって事。

自分が無関心にならず、自分の想ったままの
意見を相手にちゃんとぶつけるようにする事

2に関して言えば、
そのような自分の大事にする価値観を共有できるグループ、
コミュニティに所属する事。

こーいう事で、あなたが発信した悩みや問題を
ちゃんと、受け入れてくれる”場”が出来ると思います。
2月2日(土)に、
1の人間関係構築するための、
『仲間づくりコミュニケーション』セミナーを僕が行います。
これは、1の人間関係を構築するために必要な事を
話をしていくセミナーです。
2月3日(日)には、
2に関係する、Anomalyシーズン2という、
他人を受け入れて理解する”場”
の提供として、僕が行ってる活動があります。
こちらは、実際に、他人を受け入れて理解する事を
前提とした、人たちが10名~30名程集まって、
お互いの話を聞き、自分の意見を言う場です。
もちろん、テーマとしてはビジネスに照準はありますが、
ビジネスと人間関係はどっちにしても外せないテーマなのです。
僕らは、こーいう”場”の提供も行っているわけです。
もし、今回僕が書いてきたこの内容のように、
一人で悩んで解決しない悩みの迷路に迷い込んでたり、
そういった悩みを、本気でぶつけて、意見を言ってくれる
そーいう人間関係が自分にはないと思っていたら、
どちらかの門を叩いて来てほしいと思うのです。
2月2日(土)の
『仲間づくりコミュニケーション』セミナーは
こちらから申込が可能です。
⇒ 申込はコチラ
2月3日(日)、16日(土)、17日(日)には、
僕が、2012年6月からスタートした、
Anomalyのシーズン2がまた6ヶ月間にわたって
開催されます。
今回は、2月に参加と、6ヶ月間まとめて参加の
2つから、参加が選べます。
3日(日)は神戸にて、16日、17日は東京にて
10名~30名程を集めて、対話の”場”を提供します。
そちらに、飛び込んでみたい人は
⇒ Anomalyシーズン2に参加はコチラ
両方とも、参加の締切は、1月25日(金)となります。
僕らがやってるAnomalyという活動の
概要を知りたい方は、
是非、一度こちらのPDFファイルを読んでみて下さい。
⇒ Anomalyとは?

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top