Kumemoto Jun Official Blog

【とにかく他人を巻き込め!】

あぁぁぁぁぁ、
他人を巻き込みつつ、
そして、他人に巻き込まれつつ、
忙しい事はいい事だ。
と、自分に言い聞かせている、
゛もんじゅ゛でございます。
4月14日には、またまた、
セミナーを開催してきました。
「1億円のレシピセミナー」

総勢120名近い人数が参加してくれて、
まぁ、僕もレシピセミナーって事で
バッチリ、コックの衣装を来て講師として、
今回のセミナーは参加させて貰いました。

かなりコワモテな感じですが、
これは、かなり演出してますから(笑)
会場の雰囲気はこんな感じでした。

セミナーのコンセプトが、
『1億円の作り方』だったので
これまでに、ネット広告代理店、
ネットショップ運営、定期通信販売、
僕が、6年間でやってきた1億円を超えた
ビジネスの作り方と、失敗談を織り交ぜた
内容だったので、結構われながら
面白い内容のセミナーだったのではないかと、
自分では思っていたりします(笑)
実際に1億円を作るのは、
そんなに難しい事ではありません。
ただ、1億円の規模のビジネスは、
どんな事を考えているのか?だったり
どういう設計図でビジネスがまわっているのか?
それがわからないと、
やっぱり、まずは10万円だ!
50万円だ!100万円だ!というような、
階段ではないわけですね。ビジネスは。
僕は幸い、ベンチャー企業に就職して
当時の会社規模で、年商12億?かな?
そのぐらいの小さい会社で、
社長に近い立場でビジネスを見てきたので、
それが良くも悪くもよかったなーと
今では思っていたりします。
1億円作るのは簡単といいましたが、
1億円を生み出し続ける事が
僕は難しい事を痛感しているのです。
だから、あえて生み出す事は簡単!
と、表現しているわけで、
生み出す続ける事が今の僕の課題ですね。
しかも、よりお客さん(仲間)も喜び、
そして、自分も楽しみながら…。
これが、出来ないと本当にビジネスは
ただのお金稼ぎの道具に成り果てます。
僕が今回、レシピにちなんで、
こんな格好で演出させて貰ったのも

根底にあるのは、楽しんで貰いたいし
僕が単純に楽しみたかったからです(笑)
ただ、1億円の作り方の話をしても、
それはそれで、役に立つかもしれない
でも、僕は相手だけ満足するビジネス
には、もはや興味がないわけです。
でも、実際にやっぱり、
楽しんでビジネスしている事こそが
他人は巻き込まれてくれるのだと
思っているからこそ、自分が楽しむ事
にも、頑張っちゃうわけですね。
1年前を思い出すと…。
かなり、瞑想していた時期を思い出します。
その中で、僕が一番巻き込みたかった
ネットビジネスの重鎮、和佐大輔を
去年の4月に巻き込み出してから
まだ、たった1年しかたってません。
それまで、やってきたビジネスも、
どこでどう繋がってるかなんて
1年前は考えてもいませんでした。
Anomalyというプロジェクトが1年前に
産声をあげてからまだたった1年。
その間に、実に多くの仲間がこの渦に
巻き込まれています。
そして、そんな僕がやってきた
ビジネスの数々も、今回のセミナーを
通して、一旦区切りをつけれました。
決して無駄じゃなかったなーと(笑)
1億円の作り方を聞きたい人は
沢山いる事でしょう。
1億円あれば、大抵の娯楽は叶いますからね。
もし、1億円の作り方に興味があるなら
また、後日セミナーの動画は販売に
なる予定なので、楽しみにお待ちください(笑)
でも、そんな欲は一瞬で満たされるし
そこは追っても追っても本当の意味では、
満たされる事はないかも…。
僕が。1億円の作り方よりも、
大事だなぁと今だから言える事は
『たった一人の他人をあなたの人生に巻き込みなさい』
って事ですかね。
まぁ、僕の場合、去年1年を振り返れば
ネットビジネス業界の「和佐大輔」
だった事は確かですし、
彼を巻き込んで、僕の人生も、
この1年で激的に進化しました。
でも、それだけじゃなくて、
僕にとって、家族もそのキッカケで。
家族がいたから、起業してからの
この6年間があるわけです。
その間、間、いろんな人を巻き込んで
自分の人生は飛躍してきたなーと
本当シミジミ思っています。
ネットビジネスもビジネスも、
決して一人でやるもんじゃなくて、
ビジネスである以上は、
やっぱり他人を巻き込まないといけない。
そのたった一人の人生を、
巻き込む覚悟、これがあれば、
ビジネスで結果を出す事は
そうそう難しいことじゃないと僕は思います。
中々、最近は巻き込み、巻き込まれで
忙しくてブログを書く暇もないですが
頑張って、価値ある記事は
書き続けていきますからたまには
ブログ覗いてコメントください(苦笑)
一番手っ取り早いのは、
南浦和にあるシェアオフィス
『大人の遊び場』に参加するか、
『Anomaly』に参加してくれれば、
僕とはかなり近い距離で関われる事
間違いありませんよー!(笑)
ではでは、
また、記事更新しまーす!
もんじゅ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top