Kumemoto Jun Official Blog

【お金のキャッチボール】

福岡遠征ツアーから帰宅しました。
どうも、
゛もんじゅ゛です。

(※We are Anomaly1期メンバー)
ビジネスやっててもスーツなんて
着ないメンバーだらけだったけど、
結婚式の時は、ちゃんと着るさ。
僕らはTPOはわかってるつもり(笑)
ちなみに、
今回の主役の新郎は2012年6月~の
Anomaly1期のスタート時の仲間、

(※We are Anomaly & 新郎ザイル)
お嫁さんはきれいだったけど、
Anomalyとは関係ないので、
モザイクで隠させて頂きました(笑)
ある意味で、Anomaly1期ってのは
元々、僕『久米本純』と『和佐大輔』
の二人で立ち上げたビジネスコミュニティで、
ちょっと男だらけの集団だったので、
こーいう『絆』みたいなのを
すごい大事にしているわけです。
今回も、仲間の結婚式というだけで
ビジネスとかは一切関係なかったけど
13人ぐらいのメンバーが、
新郎ザイルの為に、
北は北海道から、関東から、神戸、
四国、島根といった全国各地から
集まっていたわけです。
もちろん、
新郎ザイルがAnomalyという中で、
まわりの人達とどんな関わりをしたか?
それによって、ここまでのメンバーが
福岡まで集まったのは間違いないわけで、
Anomalyというビジネスコミュニティは、
所詮きっかけにしなすぎないのかも
しれません。
僕と新郎ザイルは販売者であり
お客さんという関係だったわけですが
どうして、このような関係になるのか
それを、
『お金のキャッチボール』
というテーマで話をしたいと思います。
僕はビジネスってのは、
一報的にお金を受け取る側と
お金を払い続ける関係ってのでは
いつか終わってしまうと思っていて
僕にとってのお客さんは最初だけ。
だって、最初は提供する価値に見合ったものの目安として
お金ってもので対価を受け取る。
で、そのお金を受け取って、
相手が金額以上の価値を感じるよう
僕らは頑張るわけです。
で、そこで、更にその期待に答えて
お金を払っている以上の価値を
お客さんが提供しようと頑張る。
『それは、期待に答えるって事』
僕は、お客さんに、
僕と関わる事で良い意味でも
悪い意味でも変化して欲しいと思っていて、
その期待に答えてくれる事は、
僕にとっては、
『やりがい』『達成感』そういう物を
ビジネスをしながら受け取れる。
そうしたら、
もっといいものを提供しようって思うし、
そうやって、お互いが販売者と
お客さんという立場を超えて、
仲間という関係に変わる。
後は、どっちがより多くの価値を
提供出来るか?の競争(笑)
これは、奪い合うという競争じゃなく
与え合うって競争だから、
こーなると、
お金のキャッチボールをしながら
そのお金が雪だるま式に増える(笑)
どっちかのお金をどっちかが
なくなるまで奪っていれば、
いつか、販売者とお客さんの関係は
終わっちゃうかもしれないけど、
こうなったら、もはや仲間でしょう。
だから、僕はお客さんとは、
常にこういう関係になりたいと思ってて、
きっかけは、お客さんかもしれないけど、
最終的には仲間にならないと、
僕は人間関係が続かないんです(笑)
でも、だからこそ、僕のビジネスは
新規顧客がいないとまわらないとか
そーいうものにならないんです。
『お金をキャッチボールして膨らませてくれる
仲間が沢山いるから(笑)』
困ったら、遠慮なく助けを求めるし、
求めた価値の倍返しをすれば、
お金はどんどん膨らむのを知っているので。
本当にビジネスの安定を目指すなら、
価値を提供し続けるお客さんから、
仲間にしないとビジネスは終わるんです。
僕はちょっと変わってて、
販売者だから、僕の方がステージが
上だから、お金を多く持ってるから
だから、お客さんが満足すればいい。
って感覚がないので、
お客さんが満足したら、
今度はこっちを満足させろよ!
って思っちゃうんですよね(苦笑)
だってその方が、言ってしまえば、
効率がいいじゃないですか。
死ぬまでその関係が続けるなら、
それこそ、本望ですからね。
皆効率的にビジネスをらしよう!
と思って、やってることが、
僕には非効率なことをやってるように
しか見えなかったりするんです。
お金を貰い続ける関係なんて、
相手の欲望を見たしているだけだから
そんはビジネスはやっぱり飽きるし、
人間関係を長く続けるならこそ、
お互いがどっちが相手より与えるか?
の競争をしていたほうが、
人間関係はよくなるし、
これがビジネスならお金は雪だるま式に
増えていくばかりです。
増えれば、増えるほど相手に対して
『感謝』しかない。
恋愛でも同じ。
僕は嫁さんと、どっちの方が
『愛がでかいか?』の競争を
ずーっとし続けているわけです。
口だけじゃだめですよ?(笑)
どっちが、行動で示せるか?です(笑)
ま、嫁の話はおいておいて(笑)
ビジネスも人間関係ですから。
今回、結婚式を挙げたAnomalyメンバーの
ザイルはその辺がわかってるやつ(笑)
だから、幸せな家庭をきずくんだろうなぁ。
そんな温かい目で結婚式に参加していました。
あなたにも、
この感覚は持って欲しいなと思ってます。
いや、少なからず、
僕に関わってくれるのであれば、
この感覚がないと僕は関われない(笑)
お客さんから仲間になろう。
もし、あなたが、販売者なら、
お客さんを仲間にするためにも、
あなたが、相手が感じている価値よりも
さらに上のあなたの価値を要求しよう。
その関係が多ければ多いほど、
ビジネスは売上があがるし、
生涯顧客単価は∞になるから(笑)
これこそ、幸せだよねー!
今日はそんな結婚式から、
『お金はキャッチボール』で増やす。
そーいう話をしてみました。
ちょっと難しかったと思います。
でも、僕はあなたとこーいう
関係を結びたいと思ってるわけで、
尊敬するだけじゃ駄目だと思う。
学ぶだけじゃ駄目だと思う。
お金を払う関係じゃ駄目だと思う。
期待してます(笑)
ではでは、
もんじゅ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top