Kumemoto Jun Official Blog

【数万円の情報より価値ある無料の情報】

世間はお盆。そして僕もお盆。
どうも、゛もんじゅ゛です。

(※Anomalyシーズン2の運営3人衆です)
今月の23日~25日に東京のとあるホテルで
右側のAnomalyネーム『アウン』が、
面白そうな企画をやるようです(笑)
ゲストでその企画にも
顔だそうかと思っていたので
その宣伝も兼ねて、彼のFacebookを
紹介してときますね(笑)
AUNのFacebookページはコチラ
あ、全然本題からそれました(苦笑)
今日は、数万円のセミナーなんかより
数万円の教材なんかよりも、
価値が高い『無料の情報』を
紹介したいと思います。
と、その前に、
情報に関しての僕の「価値が高い」
定義をしっかりお伝えしておきます。
これは、以前、神戸にて行われた
Anomalyシーズン3の運営陣の合宿
の際に対談音声収録の際に、
僕が話をした内容の一部ですが
僕はそもそも『情報』というものを
3つのカテゴリに分けて扱ってます。
1次情報、2次情報、3次情報
僕なりの説明を加えると、
1次情報とは、
ダイレクトに本人から聞く情報。
2次情報とは、
ネットなどの媒体を通して得られる情報。
3次情報とは、
情報の発信元が特定出来ないような情報。
(人づての人づてに聞くような情報)
で、やっぱり、
優先順位は1次情報の方が
僕にとっては情報の価値が高いと。
まぁ、そういう基準で
情報を僕は仕入れたりしてるのですが
Facebookって凄いなと感じたのが、
まさにこの2次情報に関して言えば
個人が自分の口からいろいろな
情報発信をしている事です。
僕が今回、無料だったけど、
これはすげ~勉強になったなと思う記事を
ひとつ紹介したいと思うのですが
それは、
avexの社長の松浦さんの
avexが立ち上がるまでの自伝?
コチラの記事
(※長いので読みたい人は後での方がw)
まぁ、この記事を無料で価値ある
と僕が言ったからといって、
鵜呑みにせずに続きも読んで下さいね。
僕にとっては、
avexとはまさに青春真っ只中の
trfや、globeというアーティストを
生み出したレコード会社です。
僕は元々バンドマンでしたが、
小学校、中学校と吹奏楽をやっていて
幼少の頃はピアノも習っていたりと
かなーり音楽を好きになり始めは
クラッシックとかオーケストラとか
そっちから音楽に興味をもって
その後、このavexが提供する
J-popなる音楽に触れる事で
大衆音楽に惹かれバンドに興味をもち
多分僕にとってavexってのは
ある種、今の自分の人生に影響を
与えるキッカケになっていた。
という背景があったので、
このavexの社長の松浦さんがFacebookに
登場した頃からフォローしていた。
という前提があるので、
この情報は、そーいう意味でも
僕にとっては価値がある情報だと
思ったのでシェアしたわけです。
書いてある内容は、
今までほとんど語られていなかった
松浦さんの0から1までのビジネスの
道のりだったり、trfが登場するまでに
どんな事をやってきたのか?
だったり、ほとんどが自伝なので
所々で、こんな事をやってきたから
事業が上手くいったとか、
そーいう事も書いてあります。
書いてありますが、それらの手法は
多分当時だから上手くいっていた手法
であって、今の時代では皆やっていたりと、
成功方法そのものに僕は価値あると
思って紹介しようと思ったのではなく
その当時の時代背景の『常識』と
この松浦さんがやってきた『行動』と
照らし合わせて見た時に、
あなたならどんな事を感じて、
どんな事を思うのかな?
と、思ったのでシェアしてみました。
正直、内容の細かい所まで
長すぎて僕も読んでませんが(笑)
僕は正直、こんな荒削りで、
書籍にもなってないような生の体験談
が見れて、そして、
やっぱり、本当に誰もがみて
『すごい事を成し遂げている人』の
生き方、葛藤、
そーいうものに勇気を貰えました。
自分の成し遂げたい夢の大きさの
大小は人によって様々でしょう。
avexのような世界に通用する企業、
そんなものを目指してないかもしれません。
でも、世界を目指している企業も
最初のストーリーを見れば
やっぱり、これからビジネスを
やりたいと思っている人、
まさに、今、ビジネスが発展途上の
人にとっても親近感は湧くのかな?
と、思っています。
どんな大きな企業を作った社長でも
0から1までの苦労は一緒だし、
そもそも、やっぱり常識とぶつかり
自分の常識を認めさせてきた。
という中で、結果というものがあります。
自分の人生を歩みたい。
自分でビジネスを手掛けて人生を生きたい。
それは、他人のレール、
他人が常識だと思う人生とは
また、違った自分だけのレールの人生
を歩む事だと思います。
是非、松浦さんのこの投稿を
流して読んで構わないので、
スタートは僕らと一緒の所から
始まってるのだと感じて貰えたら
『自分でも出来るんだ!』
と、思って貰えるんじゃないかな?
期待して紹介してみました(笑)
こういう情報にネットで
触れられる可能性が広がったことに
すごいワクワクしてしまった(笑)
ではでは、
今日はそんな所で!
もんじゅ
P.S.
さりげなく話しましたが、
『情報』の3つのカテゴリにわけて
説明した部分は何気に大事な話です。
結局、情報はどれも一緒だと思って
しまってる人が多いと感じます。
特にネットという媒体での情報伝達は
言葉というツールに頼りすぎていて
相手の解釈に委ねられてしまう。
という部分は致命的なのです。
相手というのは読み手の事です。
僕が一番大事にしている事は、
『相手と会って話す時間』です。
これにまさるものはやっぱりない。
相手の目を見て直接話をすれば、
言葉なんかよりも多くの情報が
得られますからね。
言葉は万能なツールではない。
これは是非、肝に命じておいて下さいね。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    言葉は嘘を付けても、行動は嘘を付けないから、
    言葉に惑わされずに行動を見ろってよく言いますもんね。
    文章<通話<対面
    が、常々実感させられます。
    対面で、他者のフィルターが掛かってない、
    1次情報がとても貴重^^
    それとアウンの企画が面白そう・・・・
    ちょうど東京居るけど、
    仕事が夜まで缶詰めで、解放がまだ未定なので今回は・・・(;;)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    人によって言葉の定義するものが
    全然違うので、言葉程あいまいなものはないと対話するようになって思ったね。
    本当に大事な情報は、
    聞くものじゃなくて、
    感じるもの?
    相手の行動しぐさ、空気感、
    そーいうもので得られる情報の方が
    何気に本来は真実を表現してるモノだから、価値が高いと思うんだけど、
    「ここは重要ですから!」
    って言われてる部分の方に、
    多くの人は目がいっちゃうもんね。
    まぁ、学生時代の教育の洗脳でしょうが(苦笑)
    結局、ネットビジネスっていって
    パソコンの前にいるだけで得られる情報なんて所詮二次情報以上にはならないわけで、
    ビジネスはパソコンの前で起こってるわけじゃなくて、現場で起きてるんだよね(笑)
    踊る大捜査線じゃないけど。
    アウンの勉強会は、僕は何をやるのか?いまいちわかってないんだけど、誘われたので顔出してこようかなぁーと。
    やっぱり、直接人とあったほうが、得られるモノははかりしれないからね!
    懇親会とかは、さすがに無理かな?
    僕は金曜日顔出すだけなので、ほんちゃん参加じゃないから都合があえばあおう!

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top