Kumemoto Jun Official Blog

【あれはダメ、これはダメ】

あれはやってはいけない。
これはやったら怒られる。
あれは間違ってて、これは正しい。

何かやろうとする時に、
こんな事を考えてしまう…。

どうも、
゛もんじゅ@久米本゛です。

fc2blog_201309241209001e9
(※還暦を迎えた親父と母親です。)

何気に昔の僕も、家族という
ある意味で教育者の常識にがんじがらめ
だった時がありました。

今回の三連休は親父と母親の還暦の
祝いで実家のある岩手まではるばる
帰省して、温泉旅行をプレゼント&
還暦祝いのケーキでお祝いです。

▪︎つなぎ温泉の『紫苑』での宿泊
fc2blog_20130924121214c68

▪︎実は岩手で育って初めて泊まった(笑)
fc2blog_20130924121318eeb

僕の父親は非常に厳格な父親でした。

世代も世代ということもあるし、
サラリーマンで叩き上げで上場会社の
役員までのしあがった、

高度経済成長期で言えば、ある意味で
勝ち組に分類されるような人生。

だからこそ、余計に父親の人生哲学は
徹底的に叩き込まれてきたわけです。

『父親が絶対的に正しい!』

これは、今でも情景反射のように
体に染み込まれている感情です(笑)

たまに、実家に変えれば、
父親の顔色が気になるわけです(苦笑)

今では、そんな厳格だった父親も
僕も家庭をもったり自分で生き方を
選んで生きているので、

あーだーこーだは、言わないです…。

でも、

やっぱり小さい頃の父親の印象は
根深く心に刷り込まれてるわけです。

これは、これで、
僕は今ではある意味で正しい行い
だったと家庭をもって思っています。

小さい頃の僕らは、
国などの境界線はわからない。
社会との境界線はわからない。

小学生ぐらいまでの僕らにとって、
家族とは法治国家なわけです。

そこで、擬似的な社会のルールや、
常識と呼ばれる事を学ぶわけで、

何も制限のない状態だったとしたら
それこそ、自分の中の善悪の指針に
なるようなコアもない事でしょう。

ただ、僕は割りかしその家庭という
法治国家から早いタイミングで、
抜け出した方ではあります。

中学生ぐらいの頃から、
自分の正しさを追い求めて沢山父親とは
小さい衝突を繰り返していたなぁと。

高校ぐらいからは、
善悪は怒られつつも学んだなぁと。

と同時に、僕はその頃から既に、
自分の人生は生きたいように生きると

与えられたルールや常識を
自分で確認しながら生きてきたんだな
と、振り返って思うわけです。

『与えられたルールで生きてはいけない』

今日僕が、岩手に戻って、
昔を振り返って思った事はこれです。

育った家庭に与えられたルール。
生まれた国に与えられたルール。
常識とも呼ぶだろうし、世間体とも
言われるかもしれません。

与えられたルールや常識では、
どこまでがダメで、どこまでが良いか?

なんて、正確な事もわからないし、

その常識を超えたり、ルールを破る
そうした時に僕らは必ず怒られるって
経験をしてきたと思うんです。

『怒られる=失敗』

と言う感情が動くわけです。

でも、いつまでも、同じ日常の
繰り返しの中には予定調和な未来しか
そこには存在しないのも事実。

自分からそれを壊す以外には、
自分の中の新しい常識は形成されない
のも事実だったりします。

いつもと違うものを見てみよう。
いつもと違うものにお金を使ってみよう。
いつもと違うものを食べてみよう。
いつもと違う所に行ってみよう。
いつもと違う人と関わろう。

こーいう事でしか自分を形成する器は
絶対に広がることはないから。

そして、予定調和じゃない事を楽しもう!

そんな事を、小学生、中学生と
通い慣れた道を歩きながら、

あー、随分違う世界にきたもんだ。

と、昔を思い出しながら考えてました。

10月か11月ぐらいから、
僕の新しいプロジェクトもお披露目
出来そうな感じです。

先日から頭を悩ませていたコンテンツも
どうにかこうにか形にする事が出来ました(笑)

そろそろ、また僕の現実も
大きく動きだしそうです。

あなたが、一人で考えてなかなか
現実が大きく変わらないなら、

僕と一緒に現実を動かしましょう!
fc2blog_201309241240519db

無料動画セミナーお申込み受付中!

ここからはお知らせになります。

僕が自分のビジネスにおける成功体験や、
や数々の成功者たちとの交流を経て発見した、

成功者本人ですら知らないビジネスの原理原則を
4のステップにまとめた無料動画セミナー

『稼ぎの4つの扉』

の受講者を現在受付中です。

登録も受講も全て無料ですので、どうかお気軽に
下記のリンクからご応募ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓
☆無料動画セミナーに申し込む☆

ではでは。

もんじゅ@久米本

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top