Kumemoto Jun Official Blog

【万人に通用する魅力はいらない】

ひと昔前は、カリスマアイドルは
存在していましたよね?

僕らの世代であれば、安室奈美恵とか。

アムラーといった、安室奈美恵の
ファッションなどを真似する人達もいました。

今の時代は、AKB48とか、ももクロ?
とかが時代のアイドルになるんですかね?

どうも、゛もんじゅ@久米本゛です。
20131111-115731.jpg

こんな、個別の悩みをご相談されました。
—————————————-
人間的な魅力の低さに嫌気がさすときがあります。
具体的には、
①ユーモアが無い 
②見た目は優しいが以外に冷たい 
③人との関係で一定の距離を置く 
④仕事が出来ない。(遅い・容量が悪い)
ネガティブな想いを張り巡らせており、
起業したいと思いつつ
自分には出来なのではないだろうか
常に葛藤が生じています。
会社に埋もれたくないと思いつつ、
自分の意思を貫けぬまま、
組織の中で自分の力を発揮しようと
すり替えている自分がいるのも事実
—————————————-

まず、魅力の話に成るのですが、
仮に、Aさんとしましょうか。

Aさんの場合、万人に認められる「魅力」
が低い事をコンプレックスに感じている
そのようなイメージを僕は感じました。

それで、最初にアイドルの話をもって
きたわけなんですが(笑)

今の時代は、ひと昔前のような絶対的な
アイドル(個人)ってはほぼいません。

これは、ひとつ、ネット社会により
個々の好き嫌いの多様化によるもので
今の絶対的なアイドルはグループ化されて
いたりするんですね。

AKB48もももクロも、人によっては
他のメンバーは好きじゃないけど、
特定のメンバーに好意をよせているから

グループ全体を応援するって事です。

個々の捉える「魅力ある人」の定義が
今は人によってまちまちだという事です。

Aさんが感じている劣等感は、
1.ユーモアがない
2.見た目が優しいが以外に冷たい
3.人との関係で一定の距離をおく
4.仕事ができない、遅い、要領が悪い

確かに、これ全部満たしている人は、
相対的に見ても、「魅力のある人」だと
僕も思います。

でも、これは一般的な価値観での
「魅力のある人」であって、

別に相手によってこの辺の定義は
変わってきますよね?

1.ユーモアがない

別に面白い話をしてくれなくても、
自分にとって役立つ話をしてくれる人

これだって人によっては「魅力ある人」
に感じると思いますよ!

2.見た目が優しいが以外に冷たい

見た目が優しくて、中身も優しいより、
人はギャップに魅力を感じる生き物です。
その冷たさってのは、何か相手を想う事
あっての冷たさだとしたら、
それはそれで別に良いと思います。

3.人との関係で一定の距離をおく

これも、一定の距離感をもって接して
欲しい人も実際にいますよ。
僕の場合は、相手のパーソナル領域に
グイグイ入ってしまうタイプなので、
僕とはタイプが違いますが、
一定の距離をおいて付き合いたいって人
実際にいますから。

4.仕事が出来ない、遅い、要領が悪い

これは、環境の問題だと思います(笑)
速さ、効率さを求められる環境にいれば
きっと、マイナス部分が目立つだけで

丁寧さ、真剣さなどが求められる環境で
自分の力を試してみたらどういう評価が
されるのかはわかりませんよね?

特に、企業で働く場合、企業は
ある程度完成された組織です。

どういう人に自分らの提供している物が
受け入れらて、消費してもらえるか?
それが完成されている環境で必要なのは
いかに、迅速に相手に商品を提供して、
効率良く消費してもらえるか?

組織で必要な人材とは、
得てしてそーいうもんだったりします。
(全部が全部の会社そーだとはおもいません。)

むしろ、起業してビジネスをやる場合、
直接相手はお客さんです。

お客さんを相手に、効率さとかは、
実際はむしろいらないかもしれない(笑)

Aさんの、おかれている環境から見たら
自分は魅力が低いと感じるかもしれません。

それは、やっぱり「環境」による影響が
一番大きいのじゃないかな?
と、今回の悩みに回答していて思いました。

前に、セルフイメージが低いという人に
向けて対談音声をとったことがありますが

セルフイメージの低さの原因は、
「まわりの環境によるもの」

が、僕は大きいと思ってるんですね。

自己を否定されるような環境にいて、
自分を肯定する事は難しいわけです。

「お前はダメだ。出来ない奴だ。」

こんな事、言い続けられる環境で、
自分に自信を持つことは難しいのです。

でも、その環境からちょっと違う所に
身を置くことで、人の評価は180度
変わったりする事があります。

自分が好きな事があったり、
自分が詳しい知識をもつ分野、

そーいう分野に自分を身を置くと、

「あなたって何でそんなに詳しいの?」
「ちょっと私にも教えて欲しい」

このように、他人からの評価が、
180度変わる「環境」ってのはあると思います。

そこにまずは、身を置いてみる。

これは、ちょー手軽です(笑)

僕がそーいう環境に身を置くことを
オススメするのは、単純に、そっちの方が
「楽しいから」という理由以外にも、

『結局は、セルフイメージなんて、
他人によって影響を受けてるだけ』

って事に気付いて欲しいからです。

180度変わったら、
嫌でも気づきますから。

置かれてる環境によって、人からの
見方がガラっと変わるわけですから。

それなら、自分が評価を受けるような
環境に身を置いた方が、やりがいも出るし、
やってて何より楽しさってものを感じれる
ようになると思いますよ!

自分でビジネスをするって事は、
嫌な人と付き合うんじゃなくて、

自分の可能性を応援してくれる人だけを
相手にビジネスをするって事です。

それには、相手の可能性を開くという
win&winの関係が必要です。

なので、魅力がないと嘆くのは
もうやめましょう!

自分が魅力があると感じてくれる人は
誰なんだろうか?

これが、Aさんに今適した質問だと
僕は思いますよ。

って事で、宿題ですね(笑)

ではでは。

もんじゅ@久米本

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top