Kumemoto Jun Official Blog

【人が購買する心理的仕組み】

自分の企画やサービスを何かオファーをかける時に、いくらにすればよいか?と言う疑問に思うことはありませんか?
結構僕のところにも「価格をいくらにすればよいのでしょう?」という相談がありますが、今日はこの、『人が購買という行動を起こす時の心理的な仕組み』の話をしたいと思います。

どうも、゛もんじゅ@久米本゛です。
20131204-120307.jpg

結論から述べると、相手が「価値がある!」って思う気持ちがこちらが提示した「価格」よりも上回ったときに人は購買をするという行動を起こします。

購買する行動とは、ネットで言えば、申込みボタンを押してカゴに商品を入れて決算を完了させるって事ですよね?

これは、実際にリアルの買い物でも全く一緒だと思っていて、何か気に入った服があってそれを買おうかな?買わないかな?そこで買おう!と思うのは、その服に関する価値がついている値札の金額よりも期待が上回った時に、レジにその服を持っていく事と一緒です。

ただ、インターネットの世界はちょっと特殊なのが、「現物」がないという事。

要するに、実際に手にとってもらえるものとしての存在がないのがネット特有ですよね。
だからこそ、ネットではそのモノを表現する力として、文書だったり、画像だったり動画だったりを駆使して商品だったり、サービスの価値を伝える事が大事になってくのです。

ここまではいいですか?

その価値が、価格を上回る時に人は購買という行動に取るということです。

で、肝心の価格設定の話ですが、この目安について今日は話をしたいと思うのですが、

基本、これは目安としてもっておいて貰いたい判断基準になります。

その相手に商品を受け取って、その商品を購入することでどのくらいの自分に価値が手に入るか?これは、購入後、相手が感じる価値の10分の1を目安に価格を設定してみると良いです。

つまり、3000円の商品を売るならば、3万円の価値を感じる商品に魅力がないと人は購買行動にうつらないというわけです。

3万円の企画、サービスならば、その10倍の30万相当の価値を感じていなければ人は購買行動にうつらないという事ですね。

いかがでしょうか?

あなたが、今からビジネスとしてやりたいものは購入後にその10倍の価値を提供出来るものになっていますか?

もし、そこに疑問を感じるのであれば、是非サービスの質を高める努力をしましょう。

これ結構参考になると思うので話をしました。あくまでも、自分が見て、
「これは10倍の価値になるだろ〜!」
と主観で判断してはダメですよ(苦笑)

相手が10倍の価値を感じるという視点でみてという話ですので。

是非、価値と価格のバランスをあなたの企画、サービス、商品に置き換えて考えて見てくださいね。

ではでは。

もんじゅ@久米本

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top