Kumemoto Jun Official Blog

【2014年さぁあなたは何を成す?】

2014年に入って既に5日が経過しました。多くの人は6日(月)から仕事などで動き出す人も多いのではないでしょうか?

どうも、゛もんじゅ@久米本゛です。
20140106-025044.jpg

2013年、自分の思ったように過ごせた人もいれば、まだまだやり残して悔いが残る1年だった人もいる事でしょう。

でも、正月ってのは、本当に日本人の僕らにとっては最高の文化なのではないでしょうか?

今年から、また気持ちをリセット出来るチャンス、仕切り直しが出来るのですから。

さぁ、2014年1月。まだ、今年は360日あるわけです。今年1年間にフォーカスしたら、『360日も』ありますからね(笑)

3年後や、5年後、10年後なんて先のことは僕もわかりません。よく、歴史は繰り返されるって言葉がありますが、予測は出来たとしても、それがどんなタイミングで僕らに降りかかってくるかなんて、多くの人が関係ないと思ってる事でしょう。

無論僕も、そんな先のことまではわかりません。でも、今年1年という短い期間であれば、人間なら誰でも自分の未来ぐらいは変えられる力はあると僕は思ってます。

なので、2014年この1年間に絞って、なし得たいことをしっかりフォーカスしておきましょう!

って事で、僕が2014年やることは3つ。

このたった3つだけに絞りました。

1. 人間同士が集まり相乗効果を生み出すような『場』の提供。

2.自分で他人に提供出来る価値を生み出せる人間の育成

3.新しい業界、未知なる世界を開拓する

僕が2014年やる事はシンプルにこの3つです。もう少しし、この3つを詳しく説明すると、

1.人間同士が集まり相乗効果を生み出すような『場』の提供。

これは、2011年から僕がやっているビジネスコミュニティの1つに『Anomaly』というネット起業家の和佐大輔氏と行ってる活動があります。

2011年は、かなり斬新な企画だったので、どんな人がこの企画に参加するべきなのか?誰にとっての企画なのか?主催者である僕ら自身も、コンセプトの『異常』『対話』ぐらいしか決まらずに見切り発車した企画でしたが、シーズン1、シーズン2と、2年の歳月と運営を経験する中で、より具体的に『誰のために?何のために?』が見えてきました。

それは、経験や知識が邪魔をして、自由に未来を描けなくなった常識に犯された人達です。

とくにね、ビジネス経験者は過去の成功体験に囚われてしまう人が多いので、過去こういうやり方をしたのに、今ではなかなか上手くいかない。そんな業界の中で閉塞感を感じて未来が見えなくなっている、このような悩みを抱える人にとってこそのAnomalyは企画だと今では僕は思っているわけです。

そういう人が必要なのは、ビジネスのノウハウや手法以前に、「深く人間を理解すること」なんですね。

お客さんを理解すること。
まわりの取引先を理解すること。
ビジネスパートナーを理解すること。

だから、「対話」が必要であり、いつも慣れ親しんだ関係じゃない、「異常」とも呼べる業界の常識も、生きてきた世代も超えた状況でのコミュニケーションの訓練が必要。

そんな「場」こそがAnomalyであり、そーいう人たちに向けて、2014年もシーズン3を計画していたりします。

まぁ、これは2013年から決まっていたことなのであらたに宣言する事でもないのですが、もしあなたが、上記のような閉塞感を感じているならば、是非、2014年のAnomalyシーズン3には、参加して下さい。

あなたにとって必要なのは、経験、知識ではなく、「人との出会い」でしかありませんから。

その他にも、2014年は、『久米本純』を中心とした、『場』の提供を行って行こうと思っています。

僕はこれまでのビジネス経験や、人との関わりの深さから、何故か、様々なジャンルで活躍している人達とつながりが深いんです。

同じ業界だから、
同じ興味があるから、

といった事で、仲が良いとかではなくて、人間のもっと深い所で理解しあえる関係の仲間が沢山いるんです。

その人達が、混ざり合い、お互いに役割分担をきちんと出来て、一緒にビジネスを組めたり出来たら…。

きっと掛算的な結果が生まれるんじゃないかな?と僕は思っているんです。

個々でビジネスが出来るレベルの仲間だからこそ、足し算じゃなく掛算レベルの結果が生まれる。

そのためのハブとして、久米本純としての『場』の提供。これが、2014年に必ず成し遂げる事です。

ここまでが、1つ目の具体的な部分。

2つ目の、自分で他人に提供出来る価値を生み出せる人間の育成

これは、2011年までで僕が辞めてた活動のひとつでもあります。

2011年までは、僕は会社経営者として社員の育成ならぬ、自分の力で生きていける人間力を従業員や友達に真剣に伝える活動をしてきました。

ある時、自分の教育の下手さや、他人に絶望を感じて、教育という分野では第一線から退いてたのも事実です。

2011年、2012年とやってきたことは『場』の提供だけだったわけです。でもね、やっぱり『場』というか、環境を変えるだけで結果が飛躍的に伸びる人ってのは、もうすでに「基礎が出来上がってる人」なんだと痛感させられた2年間でもあるんです。

基礎ってのは、ビジネスをやってるとか既に実績をだせてるとか、そのような表面上のことだけじゃなくて、『人間として尊敬出来るやつか?そうじゃないか?』ってレベルの話なんですね。

これね、本当に勘違いしてる人が多いんです。

人との約束を守るとか、自分で言ったことをコミットするとかね。

当たり前のことを当たり前にやるだけなんですよ。人としてどうかってレベルは。

でも、本当に出来ていない。出来ていないというか、出来てるかどうかは、自分が決めることじゃなくて相手が決めることなんですね。

それさえ出来てれば、ビジネスをして結果が出ないのは本当におかしな事なんです。

でも、多くの人は、自分で生きる力が身につかないからね、これはやっぱり基礎力不足だろうと。

年末に起業当初に育成した仲間が忘年会を開いてくれたんで、それに行ってきたんですが、僕が感謝されてるなぁと感じたのは、すごいノウハウや知識を与えた事じゃなくて、

『当たり前のレベルを叩き込まれたこと』

だと、言っていたんですね。

当たり前のレベルって人によっても違うだろうし、相手によっても違うんです。だから、これ、文章じゃ伝えられるわけがなくて、体験してもらうしかないんですよ。

お客さんに感謝されるレベル、
お客さんにお金を払って貰えるレベル、
お客さんに継続してもらえるレベル

どこまでやれば結果出るのか?
なんて、答えないわけですよ。
でも、多くの人は答えを探す。
答えを教えてくれる人の所に答えを聞きにいってるんですけど、答えなんてないんで。それを身につけられる育成の事業をやろうと思ってます。

結構この話聞いたら、いつものもんじゅ@久米本らしからぬ、ガチっぽいなって思って貰えたら嬉しいです。

育成はガチじゃないと、相手に結果出させるなんて無理だと思ってます。

相手の人生にどれだけ深く関われるかでしか、相手なんて変わらないのを僕は四六時中一緒にいた、従業員でさえ、全員成功させれてませんから。

これは、本当に肉体的にも精神的にも僕自身もきついことなんですけど。

もうね、他の教育ビジネスなんて言ってるネット起業家を沢山見てきて、もうウンザリなんですね。

結局、本気で人の人生をなんとかしたいなら、もっと人間臭く関わって欲しいなと。

で、僕自身は教育の分野は一度挫折した身なので出来る人にまかせようと思った2年間でしたけど、僕は思ったよりも教育の分野でレベル高いなってまわりのネット起業家見てて思ったわけです。

そりゃー実際に自分の人生生きれるレベルにした人数は僕は少ないです。

多分両手で数えられる人数かもしれないですから。でもね、分母もそこまでの数教育なんてしてきてないんですよ。

そう考えたら、確率で言ったら、自分はまだましなんじゃないかな?って本気で2013年思うようになったんです。

だから、

2014年は本気で育成事業やります。

ひとつは、ネットを使った通信講座を企画しています。これは、1月にはリリース予定。
もうひとつは、ガチの年間コンサルやろうと思ってます。

もうね、2014年で、人生変えたいやつは来いと。

1年間なんて、あっという間ですけど、1年間死ぬ気で頑張れたら全く違う1年が待ってますから。

やりますよ。これも!

そしてまだまだ続く2014年。

3つ目に僕が考えてることは、さらに僕自身の世界を広げようと思ってます。今までは、ITと呼ばれる企業中心の業界、そしてネット起業家と呼ばれるような、個人ビジネス中心に展開している業界、

次、どの業界に飛び込んでみようか?とかまだ決まってないんですが、とにかく今までの環境だけじゃ、刺激が足りなくなってきたので、業界を超えて、僕がそーいう『場』に飛び込んで見ようと思います。

ある意味、違う『場』に飛び込むことは、今までの常識も実績も通用しないので、ほぼ初心者レベルからのスタートになると思います。

そう、僕も、とある環境に行けば、立派な初心者なんですね(笑)

でも、初心者だから、色々吸収出来る事は多いし、何よりも、これまで培ってきたものはちゃんと自分の中にあるんですね。

だから、怖くないんです。

むしろ、初心者だからこそ見える世界ってのがあって、それがビジネスチャンスに繋がったりするんです。

だから僕はまと新しい世界を開拓しようかと思ってます。

って事で、2014年、僕がやることはこのシンプルに3つだけです。

実は、大晦日の段階で、『2014年を占う』って対談音声を収録したのですが、その中で僕の活動の大枠はすべて語ってます(笑)

ここまで具体的には話はしていませんが。

そっちの対談では、2014年の1年間であなたが、どのステージならは、こーいう行動をした方が良いって事も語ってるので、もし、まだ対談音声を聞いていないようなら、是非そちらも聞いておいてくださいね!

対談相手は、いつものアウンさんです(笑)

ではでは。

もんじゅ@久米本

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top