Kumemoto Jun Official Blog

【Facebookをビジネスに活用した実例】

なんかFacebookを見てみたら、月数千万円稼いでます!なんて昔言ってたネット起業家の方がクリックしてたこんな記事を目にしました。

どうも゛もんじゅ@久米本゛です。
20140211-204212.jpg

何でこんな簡単な詐欺みたいなのに加担しちゃってるのかわからないんですが、この【大学生の正解率8%】って部分に頭良さそうな人は感情動かされちゃうんですかね?(苦笑)

ちなみに、このネタの続きを見るには自分のFacebookと連動しないといけないって仕組みです。

いいねを押すと、自分のタイムラインにシェアされちゃうって感じのウィルスまではいかないけど、システムを使ったバイラル(口コミ)みたいなやつですね。

で、案の定、いいね!の所を見てみると、「omiai」って書いてるんですよ(笑)

これ、スマフォから見てるからなのかわかりませんが、この時点でなんか怪しいわけですよね。

で、このアプリのURLを気になったのでチェックしてみました。

lucky777.jpって怪しい…

そもそも、ネタと関係ないドメイン名でしかもラッキーセブンってのが怪しいなぁと思って、直接ドメイン元にアクセスしてみるとこんなん出ました。

20140211-204805.jpg

このサイトが運営元なんですかね?

このサイト見てピンときたあなたはかなりの情強だと思います。このサイトってのはもうちょっと詳しく会社概要みてみればわかるんですが、

20140211-204940.jpg

こんな感じの課金モデルで占いしてるみたいです。1pt=10円。これは、俗に言う従量課金ってやつです。使った分だけ、お金が課金されるっていう仕組みの事です。

これは、よく出会い系サイトなどの有料サイトで使われる課金体系です。占いサイトで、こんなモデルを採用してるっては結構怪しいですね(笑)っていうか、限りなくこのサイトグレーなサイトです。

まぁ、そんなサイトをやってる会社がエサとしてバラまいてるFacebookの記事です。ろくなことを考えてるわけではないのは、もうご想像が着くと思います。

これ系のネタとして、「ワンピースの10人目の仲間がついに発覚!!」みたいなのもありましたね。

くれぐれもご用心下さいね。

直接あなたが騙されるとかではないとしても、シェアされた記事がバイラル的に増えて、知らない人がこのような記事から被害に繋がる事もあるでしょう。

しかも、今回のは占いサイトなので、女性の方は特に用心しておいて下さいね。

で、これをビジネスとよんでよいのか?(苦笑)

そこについては、置いておいて。

このモデルをもうちょっと突っ込んで解説したいと思います。

これは、いいね!を誘発するためのFacebookアプリのようなものです。

実際に最初にあげた写真を拡大してみてみると、133万いいね!が押されてるわけですね。

これはしっかりと、あなたのタイムラインに今後登場するアプリのデータとして、あなたのいいね!はしっかり収集されているわけですね。

これからこの133万人の人のタイムラインには、このアプリの投稿は表示されることになります。

ようするに、133万人の人にリーチ出来る影響力を手に入れているわけです。

そこにね、おそらくまた何か「いいね!」が誘発されるような記事を投稿することでしょう。

133万人の人はその投稿を目にして、面白ければいいね!を押すでしょうし、自分の友達にこのアプリの発信元の人の記事を広める手助けをする事になるでしょう。

1人が10人自分の知り合いがいて、133人万が単純に全員いいねを押せばそのリーチ数は1330万人にも及ぶわけです。

まぁ、こんな簡単な計算式ではありませんが、それぐらいバイラル的に広がっちゃうって意味ですよ。

ここに、投稿した記事をよーく見ると[PR]という記事の存在に気づくと思います。[PR]とは要するに『広告』って意味ですね。

ここを広告枠として売る事で、このアプリは立派な133万人にリーチがかかるメディアとして広告を出したいお客さんがお金を払うようになると。

まぁ、簡単に言ってしまえばこのようは仕組みですね。

ただ、今回の場合は、その[PR]に入ってくるのは、上記の占いサイトでしょう(苦笑)

133万人のうち1%でもクリックしてくれれば、1万人近い人がこの占いサイトに訪れるわけですから、そのうち何人かがこの占いサイトを利用する人も出てくるかもしれません。

まぁ、そういうロジックでこのようなビジネスが成立してるのです。

いかがでしたでしょうか?

そんな深い目でこのようなFacebookの記事投稿文見てないですよね?

でも、こんなクソみたいなビジネスでも学ぶところは大きいですよ。

まぁ、ビジネスとは言えませんがね…。

って事で、是非このようなFacebookで記事を見かけたら要注意って事と、なぜ?こんな事をやっているのだろうか?

って視点で見てみると、面白いかもしれませんね。

くれぐれも、安易に「いいね!」はご用心を(苦笑)

意外に、ネット起業家と言っても、自分の専門意外のネットに関しては疎いんだなって事も個人的には面白かったです(笑)

まぁ、僕は元々IT屋なので元の畑はこういうサイトに広告枠を仕入れてクライアントに提案したりしていたので、業界の裏側の仕組みにはかなり精通していたりします。

このアプリの運営元も把握してますから(苦笑)

おそらく、あの人がやってるんだろうなぁと。

今日はそんなFacebookの話でした。

ではでは。

もんじゅ@久米本

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top