Kumemoto Jun Official Blog

【環境に投資するという事】

あなたが今いる環境ってのは誰によって作られているでしょうか?環境から受ける影響って何気に大きいですよ。

どうも゛もんじゅ@久米本゛です。
20140224-170201.jpg

甘いと言われてもしょうがない

週末に特別な日でも何でもないんですが、長女にですね、電子ピアノを買ってあげてしまいました。

甘いですかね?僕は(苦笑)

特に欲しいとも言われてもなかったし、僕もなんで誕生日でもXmasでもないのにこんなん買おうと思ってるんだろうと不思議でしょうがなかったんです。自分の事なのに…。

その答えは、とある日常の風景の中にありました。

オモチャのピアノで練習する長女

僕は娘の習い事とかには特に関心がありません。関心がないというよりは、基本的に「好きな事をやればいい〜」という方針なので、その辺の事は奥さんにまかせているといったところです。

で、まぁ、娘はピアノ教室に今年から通いだしてたわけです。

そんなピアノ教室の日に自宅で練習をしていたんですね。それがなんと、次女に以前プレゼントであげたキティちゃんのオモチャのキーボードだったんです。

20140224-170916.jpg
(これです。これ。完全オモチャ(苦笑))

こういうオモチャのピアノは、だいたい3つぐらいの音を同時に鳴らすと、音が出ないんですね(苦笑)

で、こんなオモチャで練習してる長女を見て、僕のドラム時代を思い出しちゃったんです。

これは、ドラム経験者にしかわからない悩みなんですけどね、バンドの中で一番環境に依存してしまう楽器ってのが、「ドラム」なんです。

ドラムって基本的に練習する場所がないんですよ(苦笑)家でドラム叩くなんて、結構騒音ですから。しかも、ドラムセットなんて持ち運べない。

ドラムやる人が少ないのもこういう理由が大きかったりするんですね。

ギター、ベースであれば、メインの楽器は自宅であろうが練習は出来ます。ですが、ドラムセットがあっても、本気で叩けない(苦笑)今の時代は、便利になったもので、電子ドラムというものがありますが、これ実はダメです。

何がダメかって、本物のドラムとはやっぱり雲泥の差があるわけです。

ちょっとしたタッチの違いで、音量とかが本物のドラムセットとはまるっきり別物。

僕も19歳の頃に、この音楽をやる環境問題では相当頭を悩ませていました。

防音の部屋を借りた事もありました。
ローランドのV-drumという当時、25万円ぐらいする電子ドラムを買って練習をしたりもしました。

が、

全くもって練習にならないと…。

まぁ、これでも一応プロ目指してバンドやってたので、そのぐらいの努力は当然といえば当然だったのですが。

僕は音楽をやっていた当時、本当に環境が自分のやりたいことをやることに対する影響ってのを人一倍感じていたわけですね。

娘が不憫に思えてしょうがなかった

多分、娘はそこまでまだ感じてはないと思ったんですけどね、絶対、環境の壁にぶつかるって思ったんですよ。

まぁ、それまでピアノ続けてくれるかはわかりませんけど(苦笑)でも、きっともうちょっと良い環境を提供出来たら、もっとピアノが好きになるかもしれないし、練習も楽しくなるだろうなぁと。

で、そんな日常の風景を見ていて、「電子ピアノ」を買いにいこうと(笑)

まぁ、アップライトの本格的なピアノに比べたら、たいした金額ではありません(笑)(ちなみに、僕もピアノは5年程習っているのでちょっとは知識はあります)

でも、きっと今まで使っていたピアノの以上に、楽しんでくれるかな?と思ってたら、買ってしまいました。

環境に投資するという事

ここまでは、ちょっとした日常のエピソードの話だったんですけどね、子供は親にどうしても依存してしまうところはあるわけですよ。

でも、これを読んでるあなたは、少なくとも大人ですよね?大人をどこまで定義するかはわかりませんが、少なくとも18歳以上になったら、自分でアルバイトでも出来る年齢だから、大人でしょう。

あなたは、環境に投資をしていますか?という事を問いたいなって思います。

多分、僕のこの環境、つまり自分の身の回りおける全てのものに対する投資感覚は、バンドのドラム時代から相当不憫な思いをしていた頃から始まっています。

環境、環境言ってますが、環境ってのは、場所だけではなく、自分の身につけるもの使う道具全てです。

この辺に、キチンとお金を使えない、投資出来ないとしたら、それはやっぱりそれなりに何事も時間がかかるというものです。

ビジネスをやる。ビジネスの事だけの話ではこれはもはやないです。

自分がやりたいことを、自分が進みたい道があって、そこにお金をかけれないって事は、それだけ時間という貴重なお金では変えれないものを犠牲にしているって事をもっと深く理解しないといけないなぁと思うんですよね。

例えば、インターネットを使ったビジネスであれば、パソコンはまず料理人の包丁です。

僕は起業した当時、その時の副社長にお金を借りて、25万円ぐらいするパソコンを出世払いで借りてでもハイスペックなものを用意しました。(もちろん、3ヶ月後には返済しましたが)

あとは環境としては、毎月の給料を犠牲にして、起業して自由な動ける時間を手に入れましたね。

それからも、起業したあとでも、稼いだお金は更なる勉強や、テストマーケティングといったものとかに結構な額費やしています。

僕はビジネスで焦げ付いたビジネスもありますが、その失敗の時は700万ぐらい1年をかけてふっとばしました。

お金って何のために稼いでるのかな?って言われれば、やっぱり家族を食べさせるためってのは理由のひとつにあったとしても、それだけじゃないと思うんですよね。

自分を進化させるそんなためにこそ、どんどん投資するべきだと思うんです。

もちろん、そういう場に行くための投資も必要でしょう。でも、場にいってるだけでもダメ。自分が今、何をしていくのか?そのために必要なものには、バランスよく投資しないといけないよなと。

ちなみに、服装とかもそうだと思います。これはね、女性というよりは、男性ね。興味があるとかないとかじゃないんですよね。

自分の身につけるものにも、配慮するって事ですよ。20代ぐらいは、結構気にするもんですが、30代過ぎてくると、興味関心がない人はとことん手抜きますよね(苦笑)

僕はそこまで、自分がオシャレだとかはいうつもりはありませんが、やっぱりね、ちゃんと身につけるものには配慮してますから。

自分が一番輝けるように、環境に投資をしないとダメって事です。

むしろ、知識、ノウハウに投資をするよりもこっちに投資した方が、絶対人生は良くなる。僕はそう思うんですけどね。

今日はそんなお金の使い方。

ではでは。

PS.あなたの環境によるこだわりってあれば是非教えて下さい(笑)

僕何気に結構あるんですよね。

仕事する環境とかにも相当投資をしたなって思います。

自宅を改造してみたり、一人で仕事スペース借りて見たり、シェアオフィス借りて見たり、結構お金使って、自分の中のベストな仕事環境ってのを常にトライ&エラーきてきてますからね。

そうそう、僕がバンド時代、ドラムの練習する環境に悩んでそれまで、時給の良いバイトをやっていたのを辞めて、スタジオ(バンドの練習する所)にバイト先を変更したってのもありましたね。

お店が閉まったあとの深夜2時〜朝の10時ぐらいまで、生のドラムを叩いて練習してたりしました。

いや〜懐かしいな〜。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top