Kumemoto Jun Official Blog

【情報は受け取るんじゃありません】

ソーシャルメディアが普及してから、情報はダダ漏れのように入ってきます。Facebookのタイムラインなんて、まさにそんな感じだと思いませんか?

どうも、
゛もんじゅ@久米本゛です。

20140324-213100.jpg

ソーシャルメディアで流れてくる情報は本当に必要なものなのか?

FacebookやTwitterといったソーシャルメディアの代表とされるようなサイトでは、次から次へと情報が流れてきます。

このおかげで、わざわざニュースサイトに見に行く手間は省けるし、思いがけないようなタイミングで知らなかった情報のソースに出会えたりしますよね。

一見すると凄い便利で、僕らは情報にとても強くなったようにも感じます。

でも、本当にそうなのでしょうか?

最近、個別にビジネスのSkypeで相談にのる事が多かったり、直接お会いしてビジネスをやりたい人などと話をする機会があるのですが、

皆さん夢見がちな感じで、「自分の人生を生きたい!」「自分でビジネスを立ち上げて、自分の人生を謳歌したい」と思ってる人が多いなと感じます。

※結構今日はグサっといいますよ(苦笑)

ビジネスは甘くないとか、そーいう事じゃありません。

ビジネスって難しいから、あなたに向いてないとか、そーいう事でもありません。

そうじゃなくて、もっと単純に誰かの言った事に感化されて「自分でもビジネスをしたい!」なんて思っちゃった人が、最近すごく増えてるんですね。

特にソーシャルメディアの時代は、情報が勝手に入ってきます。

誰かの私生活がどんどん自分の目に飛び込んでくるうちに、まるでそれが自分の生活の一部かのように思えてくるわけです。

その派手な生活を見たり、自由な生活ぶりに「憧れ」を抱き、自分もそのような生活を目指そうとする。

まぁ、これはその人の選択の自由ですから、別にどうこう言うつもりはないんですよ。

きっかけなんて些細なものですから、派手な生活、自由なライフスタイルに憧れる事自体は問題ないと思ってます。

でもね、

自分の人生を生きるって事は、
そもそも受け身でいる人生を辞める

まさにこーいう事なんですね。

受身で得た情報はとても”キケン”

 

誰々がこういっていた。
誰々がこう話をしていた。

そうやって情報を受身で得ているあいだは、自分の人生を生きたいと言う資格はないです。

※ほら、グサッと言ったでしょ(苦笑)

情報は自分で取りに行くものです。

僕はネット業界にかれこれ8年程身を置いていますけど、ネット上で出回ってる情報なんて氷山の一角です!・・・とまでは言いませんが、まぁ真偽の程が定かではないものが殆どでして・・・。

真偽とまではいかなくても、誰かが情報を発信するからには、何か意図があるって場合がほとんどなんですね。

意図と言うのは、

▪︎何か商品を買わせようとしていたり
▪︎何か恐怖心をあおるためだったり
▪︎何か感情をゆさぶされるようなものだったり

このように、何かしら情報を発信している側の意図があった上で、発信しているということです。

で、あなたが一般大衆という存在で生きていくのなら、別に受身で結構だと思います。

俗にいう「普通の人」のままで良いのなら、ニュースに踊らされて怒ったり、泣いたり、笑ったりしているのは別に構いません。それはそれで楽しいですし(笑)

しかし、

・仮にもビジネスをしよう!
・自分の人生を生きたい!
・そのために、何か価値を生み出して、それをお金に変えていこう!

そのような人生を目指そうとする人がですね・・・自分に必要な情報を受身のままで受け取るのは、おかしいって事です。

特に、ソーシャルメディアのような一方的に流れてくるような情報は、ビジネスを目指す人にとっては、相当無駄なものが多いはずなんです。

“はず”とは言いましたが、そう感じないほうが「ビジネスを目指す人」としてはどうかしてます。

思い出してみて欲しいのですが、

ソーシャルメディアがなかった時代は、情報は自分からアクセスしないと手に入らないものでした。

検索エンジンなんて、まさにそうですよね?

自分で検索キーワードを入力しないと、欲しい情報が探せないのですから、自然と使い方に詳しくなります。

そうやって自分で探した情報であれば、それが欲しかった情報じゃなかったとしても「無駄」にはならないんです。

それくらい、自分から進んで取りに行った情報は、自分の中にしみ込んでいくし、土台となっていくんですね。

ところが、今はロクに検索エンジンの調べ方がわからない人もいるとか。

別にそーいう人がダメだとは思いません。

おじいちゃん、おばあちゃんにとっては難しい操作ですし、別に検索エンジンなんてなくても、日常の生活に支障はありませんから。

ただね、そうではなくて・・・。

ビジネスをしようと考えていたり、あるいは何かしらの理由で自分の人生にネットの情報が必要だと思うのなら、

『自分で情報を取りに行く』

これをしなきゃダメです。

ネットが詳しくないんです…

 
これも最近よく聞きます。

こーいう人がいるおかげで、ある人達にとってはとても美味しいお話となります。

だって、嬉しい詳しくない部分を肩代わりすればそれだけで「価値の提供」になりますから。

要するに、こんな(詳しくない)人達がビジネスチャンスを作ってくれているとも言えるんです(笑)。

でもですよ?

それって、ちょっとだけ自分が頑張って調べてみよう!自分の人生に必要な事なんだから、自分でそういう情報探してみよう!って気にならないんですかね?

あーむずかいいわからない~、そうだ誰かにお願いしちゃおう♪

こんな姿勢でビジネスが上手くいくと本当に思ってるんですか?ってことです。

もちろん、詳しくないこと自体は、決して悪い事ではありません。

でも、詳しくなろうという努力をしないのは悪ですよ。ましてや、ネットでビジネスをしようと思ってるなら尚更。

これまでの人生を変えたいんですよね?

だからビジネスをやろうと思ってるんですよね?

それなのに、ちょっと難しいってだけで「誰かにお願いしよう」なんて考えて大丈夫ですか?

要するに主体的に生きろ

 
今日言いたかった事をまとめると、こうなります。

主体的に生きましょう。

だって 受身の人が多すぎます。
 

と(笑)

さっきも言いましたが、これ、ぶっちゃけビジネスをする側としてはありがたいんですよ。

こんな受け身な人たちがいてくれるお陰で、色々な価値を提供できるわけですから、市場的にはおいしいっちゃおいしいんですね。

『3分でわかる!お金につながる検索エンジンの使い方!』

なんてコンテンツを作れば、重宝がってくれる人がいる。

『小学生でもできる!かっこいいヘッダー画像の作り方!』

こんなコンテンツを作れば、価値を感じて飛びついてくれる人がいるわけですから。

でもねー。

そこに価値を感じてお金を払う前に、自分で調べればそこら中に落ちてる情報ばかりなんですから、そっちに価値を感じましょうよ。

単純に自分のブログをかっこよくしたいとか、可愛くしたいだけなら、お金を払って解決するのもありだと思います。

だけども、ビジネスをやろうとしているのなら、流れてくる情報を受け取るだけじゃなくて、もっと自分から積極的に情報を取りに行きましょう!

そして、それ使いこなすぐらいの主体性も持ちましょう!

ということです。

ハッキリ言えば、

受身の状態で上手く行くほど、ビジネスは甘くないです。

リアルビジネスだろうがネットビジネスだろうが、同じです。

間違わないでくださいね。

僕は「受け身じゃ成功できない」なんて言ってないですよ。

受け身じゃ「ビジネスを始めることすらできない」と言っているんです。

そしてこれ、大してハードルの高い事を言ってるつもりもないので(苦笑)

だから、メルマガとかもね、もしかしたら自分は受身で読んでるだけかも?など、自分の情報収集の仕方を一度考え直しててみたらいいかなぁと思います。

そうそう、このブログを、主体的に見に来てる人は大丈夫ですよ(笑)

ただ、このブログの記事をどこかの・・・例えばFacebookのタイムラインで見かけて読んでる人は要注意ですね(苦笑)

今日はピリ辛で攻めたので、ご感想お待ちしてます。

こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓


久米本純に言ってみる
お名前  *
メールアドレス  *
わたしは受け身でした!受け身のどこが悪い!などどうぞ


僕から返事が来ない場合は・・・

あなたから頂いたお問い合わせや相談につきましては、基本的に全て読み、可能な限りお返事をさせて頂いております。
 
ただ、こちらの都合等によりすぐには返信できない場合や、質問内容等によってはお返事自体をしかねる場合もあります。
 
また、2日以上経っても返事が来ない場合、メールがうまく届いていない可能性があります。その場合はお手数ですが、違うメールアドレスにて再度ご連絡を頂けます様宜しくお願い致します。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top