Kumemoto Jun Official Blog

【人には向き不向きはある】

怒涛の週末の主催のビジネスコミュニティの活動が終わりました。毎回思うんですが、多分この『Anomaly』って企画は誰が一番アドレナリン出てるかって僕なんですよね。

2日ぶっ通しで、真面目に対話したり、本気で朝まで遊ぶんですが、毎回思う事。

『僕が最後まで起きてて皆寝ちゃう』

2日間結構年も年なんで、こんなライフスタイル送ってたらどこかでガス欠になってしまいそうですが、朝6時に帰って来て、10時から活動してしていてその延長でブログも更新しておこうかと(笑)

どうも、゛もんじゅ@久米本゛です。

今日は、人には向き不向きがあるって話をしたいと思うんですが、

大事なのは、どので自分の限界を決めるか?という部分になります。

結構、今まで、述べ200人ぐらいのビジネスを志す人を直接相手にしてきましたが、自分がこのビジネスの方向性でやっていくことに対して、途中で向いてないと思って諦める人は本当に多いです。

多分、自分には向いてないんだろうなと思ってたりするんだと思うんですが、その向いてないのジャッチのタイミングは僕の「向いてない」とは、ちょっと違うんですね。

個人にビジネスを教える活動は今後は距離をおこう

これ、初めて僕が公の場で話す発言になるのですが、僕はこれまで、ビジネスコミュニティだったり、去年からは自分のブログやメルマガを使って、個人にビジネスを教える活動を展開してきました。

で、今年2014年に入ってからは個人コンサルをやろうと思って、色々個人面談したりしてたんですが、実際に近い距離で話を沢山聞いて、個人コンサルは辞めようという結論に達したんですね。

もう、有限実行が僕のもっとーでして、僕は言動と行動を一致させないと、自分が気持ち悪いので、半ば宣言しちゃったし、強引にでもやろうかなとは思ったんですが、もっと大事な自分の信念があるのでそっちを優先させる事にしたんです。

その信念とは、

『僕が関わる以上は、絶対結果をださせる事』

この信念です。

もちろん人によっては、何を結果とするかはそれぞれだと思いますが、僕の場合はコンサルやるなら、コンサルの費用以上のちゃんとしたリターンです。

でも、十何人かの方の面談をやって思ったのは、僕にはその人たちに、金銭的なリターンを返せないなと思った事です。

別にやったぜ!みたいな達成感や満足感が欲しいならそこは提供出来るとは思うんですけど、僕がお客ならそんなのいらないんで。

僕がスピリチュアルとか自己啓発に価値を感じないのは多分この辺のライン引きがゆるゆるだからだと思います。

幸せになりましょう〜。
幸福を引き寄せましょう〜。

そんなん、人の解釈次第でどうとでもなる。そんな基準で僕は相手に価値を提供したくないわけです。

だから、今回のコンサルも結果としてそういう曖昧な価値の提供のコンサルになりそうだなぁと思って、有限実行の信念を曲げてでも、コンサルを実行するのを辞める事にしました。

(本当に言った事を曲げるのが自分ではセルフイメージ下がるんですけど…)

で、同時に僕は今後は個人の人にビジネスを教える活動の表舞台からは今後距離を置こうと決意したんです。3月末にですが。

もちろん、辞めるわけではありません(笑)

だから、距離を置くって表現をしてるんですが。

これからも、コンテンツの提供だったり今年はビジネスビジネスしたセミナーを企画してやりたいなぁとは思っていたりしますが、近い距離感でやる活動は、Anomalyというビジネスコミュニティぐらいかなぁと思ってます。

理由を聞かれれば、一言で、

「散々個人と向き合ってきたけど、やっぱり自分には向いてないから」

ここで始めて僕にとっての「向いてない」って言葉が出るわけです。

散々やった、ビジネスも形にしてみた。お客さんの満足度もみたしてる、でも、でも、自分がやってて満たされない。

これは、「向いてない」って言葉意外に表現のしようがありません。

僕のこれまでのビジネスは、こういう消去法によって成立してるわけです。

やりたい事をやろうとするのではなく、やりたい事じゃないなもしれないけど、とりあえずやって見て、やりきってからあとで判断しようの連続ですね。

ネット広告代理店
ダイエット系ネットショップ
起業家支援?になるのかな(笑)

細かくビジネスを挙げれば
もっとありますが、一通り僕の中では
やりきって見て、自分のそこに満足はあるのか?という質問にNOとなったものは、向いてないと捨てて来てるわけですね。

一見はたから見れば遠回りにみえることも、僕にとっては着実に自分のやりたい方向に向かって人生は進んでいるんですね。

食わず嫌いが多すぎる

一言で言うならば、食わず嫌いが多い人が世の中多いな〜って印象なんです。

ある程度、ビジネスという物を自分の人生の一部になってる人と付き合うと思うのですが、好き嫌いがない人が多いんですよ。

人に対しても、ビジネスに対しても。

それに相反して、ビジネスという経験をした事がない人の多くは人に対しても、ビジネスに対しても食わず嫌いが多すぎるんですね。

食べてもいない過去の記憶で判断してしまっているから、新しい世界が開かれない。

非常にもったいないことです。

世の中には、沢山美味しいものがあるのにそれを食べる前から拒否してしまっている。

やりたい事をやりたい。
あの人はこうだから嫌い。

本当にそれがやりたい事なのか?
あの人は本当にあなたの思ってるような人なのか?

それはいくら自分の頭の中で考えても絶対答えなんて出ません。

だから、いつも僕は、
「食べてから決めればいいのにな」

って思ってるんです。

だいぶ話が飛躍してしまったので、元の方向性に戻しますね(笑)

向いてる向いてないはやりきってから判断しよう

やりきるって言葉もまた微妙に曖昧ですね(笑)

ビジネスで言えば、人を集めて実際に自分が価値があると思うものを売ってみる。

いち早くこれをやらないとそもそも、それがやりたかった事なのか?面白くないのか?お客さんは仲間だと思えるのか?

それってわからないですよね?

だから、コアだコンセプトだやりたい事は何だ?自分の価値は何だ?なんて、自問自答して考えてる暇があったら、一刻も早く、形にして売ってみるって事だと思います。

まぁ、その辺で、じゃあインターネットを使って価値があると思うものを販売するための基礎知識みたいなものは、必ず必要になってくるので最低限その辺は勉強しなきゃいけないとは思いますが。

この辺は、今年中に知識を与えるセミナーをやりたいなって僕の欲求に繋がってるんですけど。

自分は何者なんだろう?

なんて、スピ系でぐるぐるまわってる人もビジネスで何が価値になるんだろう?って自問自答でぐるぐるしちゃってる人はどっちも一緒です。

答えは、あなたの中にないのだから。

早く目の前の人をちゃんと見てね。

って事だけなんです。

まぁ、そういう意味で、ビジネスには対話が必要、だからAnomalyは対話の実践経験を積むためのビジネスコミュニティなんですね。

自分の価値を探そうとしてる人には、自分の価値は見つかりませんから。

相手に目を向けて、相手の為に自分の経験で何が役に立つだろうかな?って所で、役に立った時に始めて、これが価値だったんだって気づくものです。

まずは、この土台にのりましょう。

僕はそーいう土台にのってる人のお手伝いは出来ると思ったけど、そこの土台にのってない人とは距離を離れて付き合うのが向いてると思ったんですね。

だから、今年からは自分の距離感を大事にして方向性をかえていこうと思っています。

まぁ、割り切れない性格なんで(笑)

必要以上に背負ってしまうタイプだとわかっているし、別にこんな兄貴肌な自分が嫌いでもないです。

だからこそ、自分と上手に付き合っていくためにも、オンブでダッコして欲しい人は極力身の回りから排除しなきゃなって思えるので。

こうやって、自分を知っていく方が、人によっては近道かもしれませんね!

ではでは。

今日はそんなら所で。

P.S.
そんな決意をしたのが4月入る前だったんですが、僕の中で、良くも悪くも個人でビジネスをしたいと思ってる人への執着みたいなものがとれたみたいで、僕が手にしたかったものが手に入ったんですね。

僕はワンピースのような会社をつくりたかったんです。

でも、自分はルフィーのような船長には性格的には向いてないし。でも、今は時代の流れ的に、あーいう船長があってると思ってたんで。

で、会社経営時代にその夢は半ばで断念することになったんですが。

昨日、Anomalyでこんな事を言われました。

もんじゅさんはワンピースで言ったら
Anomalyで誰のポジションだろう?

20140422-170500.jpg

これは嬉しかったなぁ。

絶対なれないと思ってたキャラに
いつの間にかなれてたわけですね(笑)

でもね、

言われて思うのは、
僕はルフィーじゃないと思う(笑)

それは、ルフィーになりたくて
努力したからそう見えるだけであって
僕にルフィーはやっぱり向いてない(笑)

って結論でした。

なったからわかるんですよね。

向いてるか向いてないかは。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top