Kumemoto Jun Official Blog

【「集客→販売→リピート」出来ます?】

これは、ネットもリアルも問わないビジネスやるにあたっての基本中の基本だと僕は思っています。

どうも、
゛もんじゅ@久米本゛です。

20140523-151213.jpg

この画像は、2年前に僕が現在進行形でやっているAnomalyというビジネスコミュニティで参加者さん向けにやったミニセミナーの資料です。

『ネットビジネスのASR構造』

って講義をしたんですけど、

中味を掻い摘んで一言で言うならば、

『3つの要素を自分でビジネスは作る事だよ。』

1.集客
2.販売
3.リピート

たったこれだけです。

たったこれだけの要素なんですがね、これが何気に難しいんですよ。

でも、この3つの要素を自分で出来るようになると不思議とお金の心配とかしなくなりますから。

何で?って自分で必要になったら、必要になった分、お金を稼げばいいって事になるんで。

先日も、現在のAnomaly3のメンバーを集めて夜中5時間ぐらいSkypeで相談にのってたんですが、

まず、やりたい事が何かわからないとか何を今自分でやるべきなのかとか、そーいうやりたい事でビジネスをしたいのならば、まずは、この一連の流れを経験した方が良いよってアドバイスが中心でした。

だって、そうじゃないですか?

自分の話を聞いてくれるお客さんも集めてこれない、
自分が自信持って自分の企画(商品)をオススメ出来ない、
そのオススメした企画で相手に何も変化を与えれない、

そんなものはビジネスにはなりません。

いっときはお金は稼げても長続きはしないでしょうし、どこかが欠けてるって事は何かがあった時に、そのビジネスは崩れるって事ですから。

僕がビジネスをする上で大事にしてるのは、この3つなんです。

これは、テクニックとか、ノウハウとかそーいうものじゃなくて、泥臭くてもかっこわるくてもやれるかどうかって事なんですね。

集客って言うと、どうやって集めればいいですか?何がいいですか?って話になりますけど、あなたの集めたい、あなたの話を聞いて欲しい人はどこにいるのか?

って事を考えなきゃダメです。

そんなめんどくさい事が出来ないってなるから、ビジネスは立ち上がらない。

うん。そうなんですよ。
めんどくさいんです。

だから、そんなめんどくさい事をやれないなら、いつまでたっても0は0なんです。

この3つは掛算ですから。

どれかがかけても、ビジネスは0。

要するに、誰にも価値なんて伝わらないし、価値が伝わらなければ、0。

販売もそうですよね。

頼まれたらやる。頼んでくれたら、全然やれるのにって人は結構多いと思います。

なんで、頼まれたら出来るのに、自分からこれ売るから買いなよ。って言えないのか?

これは、責任の所在を言った方が追うからですよね?

「僕は、言われたことをやったのだから悪くない。」

こういう防御壁を心理的にもちたいから、自分から提案ってものに抵抗があるのだと思います。

でもね、ビジネスって売って終わりじゃないんですね。売る所がスタートなんです。

売った所から本当の人間関係の構築が始まるんです。だから、そこを恐れて一歩も踏み込んでないうちじゃ、その先の本当の人間関係は作れないです。

僕は、起業して一番最初に取り組んだ職種が「営業」だったのが今でもラッキーだったなと思ってます。

だって、「売る」って行為がどういうものなのか?ってのを、職業にしていたのですから。

売るって行為を一言で説明するのはあまりに難しいので、ここはいつかどこかで語ろうと思いますけど、ここで、心理的なブロックを抱えて一歩踏み出せない人は本当に多いと思います。

でも、ここが出来るから、相手とお金と自分の価値の交換が成立するわけです。

そして、多分これも去年のセミナーで語ったんですけど、「1億円のレシピ」ってセミナー。

1億円のビジネスモデルを作るには、絶対このリピーターの存在が必要なわけですよ。

ファンって言ってもいいけど、僕は物販ならファンって言葉使ったり、店舗ビジネスとかならファンって言葉でいいと思うけど、ネットビジネスのファンってのはちょっと違うかな〜って思ってます。

ちゃんと、相手の臨んだ未来に手が届くからのリピーターです。

じゃないと、それはただのフォロワー。僕が言いたいのは、win&winの関係を結び続ける人達の事がここでは言いたい。

このネットビジネスって世界は、良くも悪くも、実像と虚像が入り混じってる世界なので、フォロワーを沢山作りましょうって事がリピーター的位置づけになってますけど、

僕が言ってるリピーターはそこじゃないわけですよ。

「あなたの企画(商品)を通して、現実が変わる程のインパクトを与えた人」

こーいう人を沢山増やす。

これが、ビジネスが安定していく秘訣でもあります。

まぁ、何か勢いでずらずらっと書きましたが、小さくてもいいから、まずはこの一連の流れを作りましょう。経験してみましょう。

これが言いたかったのです。

実際に、結果の出してる人ってのは、全員ここちゃんと抑えてるわけですね。

どこかが欠けたりしてもダメですし、自分で出来なかったら、他の人に手伝って貰ってもいいから、その代わりしっかり、その対価は払えばいい。

まずは、この流れを作る事を何よりも優先して頑張りましょう。

僕も6月から新しいビジネスを始めますけど、全部これやりますから。

集客も、販売も、リピートも、
全部自分で0から作るわけです。

しかも、全くど新規な業界に(苦笑)

どんな集客をしていくのか?
どんな販売方法にするのか?
どうやってお客さんに結果をださせるか?

それを一個づつ丁寧に探して実践していくこのプロセスがビジネスは楽しいんですね。

答えがわからない、どんな答えになるかわからないけど、その答えが自分にとって正しかったも思えるようにしていくプロセスこそが、本当の自信に繋がるんで。

頑張りましょう(笑)

そんな事を、夜中5時間かけて話していたとさ。

もんじゅ@久米本

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 3 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 集客と販売とリピートの一連の流れを、

    まだ、経験してないですが、これが自力がつくってこと

    なんだと感じました。

    ビジネスの自力がつくから、自然と稼いで行ける自信がつき

    お金の心配もしなくなるんですね。

    3つの集客、販売、リピーターがかけ算になっているから

    レバレッジが聞いて、個人の小規模でも多くの人と価値の交換を

    行うことが出来るんですね。

    でも、レバレッジが聞く反面、もんじゅさんの言われているように

    どれかが0だと、0になってしまうんですね。

    あと、

    『自分からの提案に抵抗がある』

    『言われた事をやったから、自分の責任ではない』

    という部分で思ったのが、自分で責任を取ることが

    この人達は嫌なんだと思いました。

    これは、ある人が言われてたことなんですが、

    自分で責任を取る事が嫌で責任転換ばかりする人は、

    他人の人生を生きていると。

    いっけん、『他人の人生を生きる』ことの方が楽に見えるんですが、

    もんじゅさんが言われている

    『自分の人生を生きる』

    ことの方が、実は長期的にみると楽だってことを

    教えて頂きました。

    『自分の人生を生きる』方は、ある程度の後悔と反省で

    進むことが出来る分楽で、

    これが『他人の人生を生きる』ってなると

    人に責任転換して、恨むことが増えてしまう。

    もんじゅさんが言われてる「自分の人生を生きる」ってことを

    違った視点の責任というところから見えて

    繋がった感じに思えました。

    最後の

    『答えがわからない、どんな答えになるかわからない

    その答えが自分にとって、正しかったと思えるようにしていく

    プロセスこそが本当の自信に繋がる』

    の部分が、答えがあってもそれが間違っているか正しいかでは無くて

    自分で正しいものにしていくってこと、その過程が価値があって

    自分の成長に繋がって自信になるってことなんですね。

    ありがとうございました。

  2. もんじゅ@久米本

    >Step

    集客×セールス×リピート

    このどれかが0になると、全てが0になるって書きました。

    で、取り組むべきビジネスモデルによっては
    これを肩代わりしてくれるビジネスってのももちろんあります。

    ■物販(せどり、転売)
    集客(Amazon、ヤフオク)※他人
    ×
    セールス(商品説明など)※自分
    ×
    リピート(その後の直接取引など)※自分

    ■サイトアフィリエイト
    集客(twitter、トレンドSEOなど)※自分
    ×
    セールス(基本的にアフィリのレター)※相手
    ×
    リピート(戦略次第・・・)※自分

    とまぁ、取り組むビジネスによっては
    全部自分でやる必要のないビジネスのモデルはあります。

    が、

    基本的に、最初のステップとしては、
    これらのビジネスモデルは取り組みやすい側面はあるけど
    結局は、他人のプラットフォームの上でビジネスをやっていたり
    誰か他人に依存する形のビジネスだと思います。

    これらのビジネスを始めた人も、
    結局はこの他人の土俵の上で何か問題が起こり
    (※グーグルにSEOで圏外に飛ばされた)
    (※Amazonアカウントを削除された)
    (※アメブロを削除された)

    といった問題がおこっても、
    それは、他人の力を借りているからしょうがない事です。

    最終的に目指さなければいけない事は、

    決局は、

    『集客×セールス×リピート』

    これを自分で出来る力なのかなぁと。

    ちょっとコメントの内容に関係なかったかもしれませんが(笑)

    今やってる自分のビジネスは、
    どういう部分を他人にやってもらってて
    どこを自分でやってるのか?

    その認識をもちながら、頑張ってビジネスに取り組んで下さい。

    • もんじゅさん、ありがとうございます。

      どこ(自分か他人の場所)×なに(自分の物か他人の物)っていうのは
      わかりやすくて、意識しやすいですね。

      他人のプラットフォームで、他人の物を売るが、
      実際やってみて、やりやすくて取り組みやすいなって感じました。
      結果がでるのも早かったですし。

      長期的視点でみると、やっぱり自分の場所で自分の物をうることが
      利益の最大化と安定化になると思うので、そこを最終的に目指したいと
      思っています。

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top