Kumemoto Jun Official Blog

【気付いたら7つのプロジェクトを抱えていました。】

6月がスタートしましたね。
今年の抱負で、新しい業界に進出する!と決めて動いてたと思いきや…この6月から他にも新しい動きが2つ程増えて、状況を整理していたら6月、7月は7個ぐらいプロジェクトが被りそうです(苦笑)

どうも、
゛もんじゅ@久米本゛です。
20140603-155110.jpg

画像はそんな深い意味はありません(笑)

7繋がりで、最近オススメの『7つの大罪』というマガジン連載漫画です。

本文には全く関係がないのであしからず…。

ビジネスに執着はいらない

ようやく最近よくも悪くも何をしようか?というビジネスに対する執着がなくなってきたなとここ最近思います。

最近、ビジネスに取り組んでもなかなか結果のだせない人の傾向の一つに、

美意識が高すぎる

という事があります。美意識が高いとは、自分は崇高なビジネスがしたい。誰から見ても、胸をはっていえるビジネスがしたいと思うあまり、あれはダメ、これはダメと自分の可能性を自分で狭めてしまっている人が多いという事です。

10年ぐらい前の自分でビジネスをしたい!立ち上げたいと思う人の傾向は、

「金を稼ぎたい!」
「今よりもいい生活がしたい!」

という、いかにも…という理由だったものが、そういう人達を食い物にする狼のような人達が市場に多く参加するようになり、崇高なビジョンや理念中心の事を説く人が増えたせいでしょうか?

『哲学とか美意識やヴィジョンもってビジネスをやるべきだ!』

多分、今、多くのファンと言うかフォロワーを抱える影響力のある人のテーマは共通してこのような事をのべています。

で、お金を目的にビジネスを立ち上げてきた人も今度はそんなマインドだからいけないんだ!と、今度は、哲学やヴィジョン、使命などが必要だと思い、ぐるぐる答えの出ないループを繰り返すと。

で、僕はこのどっちとも否定も肯定もせずに言いますが、その正しいビジネスの在り方?というか、自分が充実感を得ながら、ライフスタイルも変化させていくビジネスは両者の言ってる事に答えはないです。

じゃあ、どうやったらビジネスを立ち上げ、自分のライフスタイルを変えていけるのか?ってある種の僕の答えが、ビジネスに対する執着を捨てよって事なんですね。

では、どういう状態が執着を捨ててるか?って事なんですが。

誰かの言葉を鵜呑みにするな

自分の人生を生きたいと思ってるのに、誰かの言葉を鵜呑みにして行動をする人が本当に多いなぁと感じるわけですね。

僕が一番嫌いな言葉に、メンターとか師匠という言葉があります。

別にメンター師匠を持つことが悪いことじゃないですよ?僕も尊敬する人とかはいますので。

ただ、それを他人に向けて、僕のメンターがとか師匠と呼んでる時点で、あれですね。

完全にフォロワーであって、ただのファンなんですね。

これは、僕が今、ビジネスで関わってる人の中にも沢山そのような人はいます。

いますが、あえてここは苦言を呈して言えば、自分の人生を生きる。自分でビジネスを立ち上げるって事は、メンターだろうが、師匠だろうが関係ないんですよ。

言葉であがめるんじゃなくて、行動で示さなきゃ意味がないと。行動とは、しいては結果を出すことなわけです。

それが、メンターや師匠に対する恩返しになるわけですね。

そのようなフォロワーと呼ばれる人が結果を出せないのは、自分の価値観ではなく、メンター師匠の価値観で行動させられているからです。

僕がビジネスの執着を捨てろというのは、メンター師匠の価値観を鵜呑みにするんじゃなくて、自分の価値観を信じろと。そーいう意味です。

自分の価値観とは何たるか?

自分のやりたい事は何か?
自分が上手くいくことは何か?

必ずその人なりの強みや得意な事ってのは僕はあると思っていて、あなたのそれが何なのか?は僕にはわかりません。

何のビジネスが自分にはあっていて、どんな人に感謝される事に充実感を見出せるのか?

それは、数秘術だか、占いだか、なんたらコードとかで調べた所で本当の所の答えはわかりません。

じゃあ、どうやってそれを見つけるのか?

ひとつ僕が方向性をさし示すならば、僕はどんな事をやっているでしょうか?

今月から2つのプロジェクトが加わり、7つのプロジェクトをやるわけです。

どれが上手くいくのか?なんてわからない

僕自身、これからやるプロジェクトの数々がどれが自分にあっていて、どれが上手くいって、どれが自分にあってるのか?そんな事はわかりません。

わかりませんが、取り敢えず、楽しそうな事、今までの自分の経験の外にあるもの、こいつと一緒にやったら楽しいと思うもの。

そーいう基準でやる事を決めているだけです。

それが気付いたら7個に膨らんでいたと。

まぁ、中途半端は一番いけないので、ちゃんとここまではやると決めて、そのまでは上手くいかなかったとしてもやりきるだけなんですが。

でも、このプロジェクトを全部やってみた結果、自分がどんなに可能性が広がるのか?どのくらい収入があがるのか?自分がどのくらいレベルアップしているのか?

そこに対しては本当に楽しみでしょうがありません。

僕はそこにこそ、本当の価値はあると思っているんです。

まぁ、せっかくこの記事にあなたもであったんですから、自分の今やってる事の幅を限界までに挑戦してみて下さい。

何個ビジネスはやってもいいんです。

ただ、中途半端だけはやめましょう。

ちゃんとどこまではやるのか?自分の中でゴールを設定してやりきる!ここだけを守ってやれれば、やりきった後には確実にレベルアップしてますから。

あぁ、6月は地獄ですね。

これに加えて、プライベートで引越しも予定してるので本当にここが正念場だろうな…。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 3 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. もんじゅさん、こんばんは。stepです。

    影響力の強い人の言葉を鵜呑みにしていたなって
    思い返して考えると思う節がありました(笑)

    尊敬してる人の言葉って、どこかしら影響を受けてます。

    でも、結果や行動で示すって事は意識するようにします。

    ある人は、『背中で語る』っていう風に言われてましたが、
    言葉と行動と結果が伴って信頼が生まれると思います。

    もんじゅさんに質問なのですが、

    「もんじゅさんが最初ビジネスをやり始められた時、
    ゴールを設定する際に気をつけておれた事はなんですか?」

    自分が今やってることの限界ってわからなくて、
    限界のゴールってどこなんだろうと思ったので。

    読んで頂きありがとうございました。

    step

    • もんじゅ@久米本

      step

      どうも、もんじゅです。
      これまた返信が遅くなりました(苦笑)

      もんじゅさんに質問なのですが、
      「もんじゅさんが最初ビジネスをやり始められた時、
      ゴールを設定する際に気をつけておれた事はなんですか?」

      最初に目標としてゴールを設定したのは
      多分起業した時だと思うんだけど、

      その時は、誰かの為になる目標を
      確か設定していたと思います。

      具体的には、今の嫁との結婚式を
      挙げるので600万を⚫︎月⚫︎日までに
      貯めなきゃいけないという目標でした。

      これに対して、逆算して月⚫︎万円は貯金を
      していかないといけない。

      そのためには生活費は最低このぐらいかかる
      だから、月このぐらい稼がないといけない。

      そのレベルで目標を細分化してたなぁと。

      で、結局、その目標に足らない月も
      あったけどそれも月を振り返る毎に
      自分では認識出来ていたので、最終的には
      予定していた結婚式を無事挙げれたと。

      という、エピソードがあるんだけど、
      この話から大事な事をピックアップすると

      1.誰かの為になる目標を設定&宣言
      2.ゴールを徹底して細分化した

      この2つになるのかなと思いました。

      1はやっぱり自分ってのは甘えがでちゃうから
      途中で目標変更しちゃうと思うので、
      大事な人を巻き込む事で逃げ場をなくしたって
      意味が大きいと思います。

      2に関しては、音声でも話したように、
      日々、無意識レベルでゴールを達成する為に
      やるべき事を自分にすり込んでいたって事の
      効果が大きいんじゃないかなと思います。

      是非参考になれば!

      • もんじゅさん、ありがとうございます。

        なるほど、大事な人を巻き込むのは、かなりコミットメントしてるので、
        力になりそうですね。
        しかも、奥さんだと余計これは、男としてはなんとしてもってなりますね。

        それから、やっぱりゴールドを意識せずに目の前にやれることをやるだけにするまでの、細分化も最初からやられてたんですね。

        参考にさしていただきます。
        ありがとうございました。

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top