Kumemoto Jun Official Blog

【人間関係は刹那的なんです。】

Anomalyシーズン3ファイナル、淡路島プレゼン企画の4日間の行程が無事終了〜!帰りの新幹線の中です。

どうも、
゛もんじゅ@久米本゛です。
20140728-142814.jpg

今日はAnomalyネタ。このブログは、Anomaly1期、Anomalyシーズン2、そしてAnomalyシーズン3と多分参加してくれたメンバーが見てると思ってるので、あえて感傷に浸る間も無くクールダウンした記事を書いてます。

ちなみに…

Anomalyシーズン3、企画運営としてあえて言わせて下さい。

「メチャクチャ楽しかった。」

この一言に尽きますね。

どのシーズンも、その時瞬間的には最高のメンバーに囲まれ、最高に楽しい半年間だと思ってますが、僕の楽しさは毎回記録更新し続けてます。

参加メンバー50名中、41名のAnomalyメンバーのファイナルの参加。これがどれだけ、共にガチで半年間、本気で自分と向き合い、他人と向き合って来たか、それが物語ってるのかな?と思うのです。

そして、楽しかったー!半年間お疲れ様ー!の直後に来るのは、冷静なる振り返りです。

人間関係は刹那的

これ、僕が尊敬する人の言葉なんですけど、凄く深いなって思う言葉です。

刹那的って言葉の意味は、あまり良い言葉で使われません。

「今この瞬間だけを充実させて生きようとするさま」

良い言葉ではありません。

ありませんが、非常に現実的でハッとさせられる言葉です。

初恋が実った時の、「俺、もしかして、こいつと一緒に結婚すんじゃね!?」

と、思った頃の恋愛がいつか終わりが来るように、永遠の人間関係の構築なんて幻想なんだと思わせられる言葉です。

僕はAnomalyを通して、一生付き合えるような仲間を探しているわけですが、それは理想であって、現実は半年間だけの付き合いで一生付き合える仲間になどなれません。

むしろ、大事なのは、この半年間からどうそれぞれが自分の人生と向き合ってこれからやっていくかです。

だって、人生における半年間なんて、割合で見たら本当にわずかな期間だし、対した時間じゃないわけですから。

僕はAnomaly1期、シーズン2、シーズン3が終わり、述べ200人近いメンバーと、対話しあい、接点を持ち、半年と言えど濃い時間を過ごして来ました。

それでも、

仲間と呼び続ける人間は果たしてこれから、何人いるのか?それは未知数です。

僕らは、Anomalyという対話の場を通して、あなたの中にキッカケという種を蒔いただけなので、その種に水をやり、育て、花を咲かせ、実を結ぶかどうかはあなた次第だという事です。

だから、本当に大事なのはむしろ、

「この半年間で得たものをどう生かすか?」

でしかないなぁと。

ここで出会った仲間が一生付き合える仲間なのではなく、これからの努力次第なんだって事ですよね。

それは、むしろ、誰でもない、僕自身に言っている言葉のようなものでもあります。

Anomalyでは、沢山の僕にはない価値をもったメンバーに出会いました。

その価値以上に僕が価値を提供出来るようにならなければ、それは僕が自分の地位やポジションに満足してあぐらをかいているようなものになりますからね。

僕はAnomalyに参加してから、共同企画の8歳年下の和佐大輔しかり、サポート講師陣としてお手伝いしてくれた仲間にも、いつかこの人間関係ですら終わりがくるかもしれないという感情を抱きながら接しています。

この、

『人間関係は刹那的』

この言葉を念頭に置き、相手に敬意を払って付き合ってます。

これは、ビジネスだからとかそーいう事だけじゃない。家族で言えば嫁にだってそういう感覚を持ってます。

永遠のものなんてないぐらいの、現実を見ていかなきゃ、そんな関係はいつか終わりが来ますから。

僕は、無論メンバーに対しても同様にそのような気持ちでいます。

そして、そういう心から本音をぶつけて付き合える可能性がある人間とこの1年半年の期間を得て、200人も出会えた事は何よりのAnomalyという企画を通しての財産です。

『僕は彼らに見られている』

もう、200人という人間が僕と人生を交わり、僕の事を無意識で見ているわけですから、「これからもずっと、もんじゅと付き合っていける人間になりたい。」と思われるよう、僕も努力をし続けるし、だからこそ、僕はそのぐらいの感覚でAnomalyが終わった後もあなたにも頑張って欲しいなと。

人間関係を構築するってのは、
「構築し続ける事」なんだと思います。

Anomaly1期、Anomalyシーズン2、そして今回のAnomalyシーズン3で出会った事は、紛れもない事実で、ただ、企画が終わればもう、Anomalyという名前の枠はありません。

共に笑って出会えるように精進してますか?
共に笑って出会えるように精進して下さい。

ただ、僕も感傷に浸る時間ももうちょっとだけ持ちますけど(笑)

今週ぐらいは、この半年間を振り返って余韻に浸りながらまた次なる活動に向けて頑張りますね(笑)

Anomalyシーズン3お疲れ様!俺!(笑)

もんじゅ@久米本

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top