Kumemoto Jun Official Blog

【情報リテラシーを高める方法】

8月は初心に返ってお勉強月間です。
僕は本当に要領が悪いので、インプットとアウトプットを同時に行えないので、インプットする時は集中してインプット、アウトプットする時は枯渇する程アウトプットという感じでやってます。

どうも、
゛もんじゅ@久米本゛です。

20140811-235412-86052421.jpg

そんな、情報のインプットの仕方で僕がネットビジネスの勉強をしながら最近思う事を徒然なるままに書きたいと思います。

情報リテラシーを高める方法

といいますか、インプットの質を高める方法といいますか。

僕が情報を収集する際にやる事として、「多読」というやり方をします。

多読と言っても、本を沢山読む事というか、同じテーマの書籍だったり、同じテーマの教材だったりを浮気しまくりで色々目を通すって事です。

これ、何が良いかって、物事の事実だけ見たい時に凄い便利なんですね。基本的に事実をまずはちゃんと把握したいわけです。

別にニュースとかの話ではないんですが、勉強する時も僕はこのようなやり方で、「事実のみ」を抜粋するんですね。

最近勉強してる事で、セールスレターの書き方を初心に戻って勉強してたり、コンテンツSEOについて勉強してたりするんですが、基本的に著者の主観的な話はどーでもいいんです。

後で、大事かもしれませんけど、最初に勉強する時には主張ってのが邪魔なんですね。

多読としていると、共通して言ってる事、この教材だけ言ってる事とかわかってくるんですね。

だから、どの教材でも共通して言ってる事をまず最重要な事として、インプットしておくと。

だって、これは絶対大事だなってどの教材でも書いてあることって事はやっぱり大事だから書いてあるんですから(笑)

そうすると、この人の主張したい事はこれ。今回勉強したい事はこれと、自分の本来の目的にそって勉強する事が出来ます。

情報発信をテーマにネットビジネスを組み立てたい人にとっては、一見矛盾するんですね。

人が価値を感じる事には、基本的に2つあって、

  1. 機能的な価値
  2. 情緒的な価値

といったこの2つなんですが、機能的な価値は純粋なコンテンツという言葉で言い表せます。

情緒的な価値とはこのブログでも以前チラッと話にだしたコンテキストという言葉で言い表せるんですが、

勉強する時に、この情緒的な価値って正直いらないんです。

情緒的な価値とは、その語り手の価値観や主張といった部分です。

以前は、「さむらごうち」のゴーストライターネタの際に、コンテンツとコンテキストの価値の違いに関しては書いたんですけど、

※さむらいごうち過去記事はコチラ

コンテンツとは、前回で言えば、楽曲そのものに価値を感じる事。コンテキストとは、耳の聞こえない人が作ってる楽曲というその背景に価値を感じる事だという説明をしました。

実際に、音楽聞くならば別にどっちに価値を感じても、嘘じゃなきゃいいと思いますけど(笑)

勉強の場合は、必ず何か自分の目的があって学ぶわけじゃないですか?

そこに、耳の聞こえない人が作ってる教材だから凄い!とか、若いのにこんなに実績をあげてるから凄い!といった価値はぶっちゃけ関係ありません(苦笑)

自分がその教材を通して、ちゃんと学びがあったのか?目的は達成されたのか?って事が本来は大事なはずなんですね。

なので、情報発信とかをしてビジネスをしたい人にとっては、この辺のバランスは重要です。

ぶっちゃけ僕は「演出、誇張、嘘」は嫌いなので、下手に実力以上に自分を誇大して見せる事はいつかボロがでますし、それをブランディングとは呼びませんので、あえて苦言を呈して言えば、

ちまたで、凄いコピーライターだ!と言われるようや人の教材は、コンテキスト価値の方が高すぎて、勉強教材としてはいまいちだなぁ〜というのが、今回の勉強しての感想でした(苦笑)

まぁ、これは僕の主観なので、その教材でネットビジネスに参入した人も結構いると聞いたりはしてるので、僕にあわなかっただけかもしれませんが。

最近このネットビジネスに可能性を感じて参入してきた人の多くは、キラキラ輝いています。

キラキラ輝いているとは、良くも悪くも情報リテラシーが低いって事です。

誰々が言ってる事をそのまま鵜呑みにする事と、色々な情報から自分の力で情報の真偽に辿り着く力。

僕は常に後者の力を養うべきだと思うんですね。

キラキラ輝いているとは、誰々が言ってる事をそのまま、凄い!と全部鵜呑みにしてしまうのはあまりにも危険だなぁと。

なので、情報リテラシーを高めたいのであれば、まずは好き嫌いをせずにそのテーマで活躍をしている人から広く情報を集める事が大事じゃないかなと。

主義主張は人それぞれなので、好みとか好き嫌いで判断することは悪いことではありません。

ただ、好き嫌いを言う段階が早いんです。

まずは、冷静にどっちの主張も聞きながら、事実を冷静に把握してみる。この事実という色がついてない真っ白のものが見えないうちに、これは凄い!これは価値があるんだ!

と慢心に信じてしまうのはあまりにも危険で、それは他人の価値観に支配されているだけなんですね。

ニュースとかではよくある現象ですよ。情景反射的に、これは賛成!あっては敵だ!と誰かの声にすぐに反応してしまうのは。

ニュースは全然今回とは関係ありませんが…。

なので、今回僕の情報収集の仕方をちょっとシェアしたわけですね。

まずは、色々な偏りがある所で情報を集める。

今回一番言いたかったのは、色眼鏡をつけて情報を取り入れない事が大事だという事です。

あの人は、赤という。
あの人は、緑という。

その色は赤でも、緑でもどっちでもいいわけで、自分がその色を見ようとする事こそが大事なんですね。

是非、色々浮気してみてくださいw

色々な女性と付き合わずに、俺にとってこの女が結婚する相手だ!って思ってたそんな淡い恋愛が終わった時を思い出して下さいw

いつか、盲信的に信じるとそうなりますから。

正しく、自分にとって必要な情報を集めましょう〜(笑)

ではでは。

もんじゅ@久米本

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top