Kumemoto Jun Official Blog

【もんじゅの仕事いまいちわからず…】

どうも、
”もんじゅ@久米本”です。

IMG_2155.JPG

先日、facebookで面白い投稿を見ました。
僕の仲間がまわりのビジネスの構造を分析していて、

「相変わらず、もんじゅとかはいまいちわからず。」

という投稿がありました。

これを見て、僕自身最初頭が「???」となりました(笑)

その後のコメントのやり取りも面白かったのですが、

B「もんじゅとか、キャラビジネスじゃないし表に出ないからね。
表に出ない人は、ホントに調べ方が分からない。」

C「そうそう。もんじゅは表に出ないから、一部しかわからないw
どーやって仕事とってきたりするのか、単純に興味ある。
なんかいきなり押しかけて、どうっすか?
みたいな感じがしないでもないけど;笑」

B「テレアポ、飛び込み、FAXDMとか考えられるなー。」

C「広告だからねぇ。
1日もんじゅにくっついてどういう仕事するのかみてみたいw」

B「1週間くらい貼りつかないと分からんと思うw」

・・・

というやり取りがその後ツラツラと(笑)

せっかくなんでこの問いに対して今日は解答したいと思います。

———————————
B「もんじゅとか、キャラビジネスじゃないし表に出ないからね。
表に出ない人は、ホントに調べ方が分からない。」

———————————

僕がやってる、ビジネスは多岐にわたります。

今年は、
・ネットショップ(ほぼ全て外注化してます)
・キャラクタービジネス?Anomalyの運営
・キャラクタービジネス?6ヶ月の通信講座の運営
・キャラクタービジネス?アフィリエイトを少々…。
・個人起業家のWEBコンサルティング

2014年を振り返ってみると、
実に多岐に渡る、キャッシュポイントを作って活動してました。

正直、キャラクタービジネスって言葉が僕は嫌いなので、
Anomalyとか、通信講座とか、アフィリエイトに関しては
あまり、そーいう感覚ではやってませんでしたが、

多分、僕の最近付き合ってるメンバーと僕が違うのは、

僕は、
1つのビジネスを掘り下げたスタイルではない
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

って事ですね。

多分、コンテンツを販売しているビジネスをやっている人を見ていると
ちょっと盲目的にこのようなビジネスモデルが絶対解だという認識になりがちかもしれませんが、

僕は、元々が、個人ビジネス起業家スタートであり経営者です。起業家であると同時に経営者なんですね。

起業家と経営者って実はちょっと違うんです。

起業家ってのが、
アイデアなどを形に変えるプロフェッショナルだとしたら、

経営者ってのは、
今ある、人、物、金などの資源をどう組み合わせて
新しい価値を創造するか?って事を考えるプロフェッショナルです。

僕は、多分割合的に、

起業家:経営者=3:7

ぐらいなので、どっちかというと経営者よりな物の考え方をしてしまいます。

ちょっと話が脱線したかな。

んで、

『表に出ない人は、ホントに調べ方が分からない。』

ってこれ結構重要なんですが、
表に出ない人は、調べ方が難しいという事ですが

僕が、2011年〜2014年にやってきた
Anomalyというビジネスコミュニティで重要視してきた事に

『対話』

があります。

調べるのではなく、『対話』をすればわかる事なんですね。

ちなみに、

【月2億円売り上げてる先輩起業家】という過去記事があります。

まぁ、この先輩起業家も法人として会社を経営しているので
インターネットで調べた所で、月2億売上げている情報も、
一体何でどれだけ売上をあげているのか?

というインターネットから断片的に拾える情報ぐらいしかありません。

ですが、

僕は1回、9月に打ち合せに伺った中でも、

その月2億の売上の構成比、
・●●●で1500万円
・●●●の事業で1億5000万円
・●●●の事業で残り3500万円

粗利は6,000万円

という情報をGETしてきました。

しかも、1億5000万円の事業が
どのように集客を行って、何がポイントで、
なぜ?これだけの売上がたった1つの商品から上がっているのか。

(※この辺の情報は後日メルマガで流したいと思っているのと、
 企業情報になるので伏せ字で書かせて頂きました)

これらの情報は、

『教えてもらった』

なんて事はなくて、僕がヒアリングして導きだした。

ってのが、正解です。

「教えてもらった。」

のではなく、

「導きだした。」

僕が、Anomalyというビジネスコミュニティで大事にしている
『対話』は、自分から発信する事よりも、相手の言葉に
耳を傾けて、上手に相手が言葉にならない言葉を
導きだすそのプロセスにあります。

元々、僕は、対経営者や対法人相手にはこの対話は
出来ていたのですが、いわゆる個人の人の言葉に
耳を傾ける事をAnomalyを運営する以前は放棄していたため、

個人の人の意見に耳を傾ける事が出来ませんでした。

ですが、

Anomalyというビジネスコミュニティを通して
僕が一番得をしたなぁと思う理由は、

この、女性だろうが、年上だろうが、年下だろうが
次元が違かろうが、業界が違かろうが、
とにかく、相手の発している言葉に耳を傾けて、
相手の話す言葉の背景を深く読み取ろうとした事。

これが、僕がこの3年間でAnomalyを運営しながらも、
一番おいしい思いが出来たなと思う部分なんですね。

んで、

話を元に戻しますが・・・。

Anomalyをやってる期間は、
僕はほとんど自分の事を話す事がありませんでした(笑)

よって、僕がやってるビジネスがどういうものなのか?
僕がどうやってネットショップをほぼ全て外注化で自動でまわせているのか?

そういう事聞かれていないんですよ(笑)

無論、ネットショップをやろうとしていなければ、
直接的に僕がやっているビジネスの仕組みは
あなたの役には立たないかもしれません。

ですが、

僕がやっているビジネスモデルの仕組みが
もしかしてあなたのやろうとしているビジネスモデルの
ヒントになる可能性は0%ではないわけですね。

『表に出ない人は、ホントに調べ方が分からない。』

これに関しては、
ネットだけで調べ方を探してもやはり出てこないわけで、

これは、本人と対話するしかない。

対話出来る場所で、
ヒアリングするしかないわけです。

はぁ、何かめちゃくちゃたった1つの疑問に
答えるだけで色々な話をしなきゃならなので
かなり字数も使って解説してしまいました(汗)

今日は、この1つの疑問、

———————————
B「もんじゅとか、キャラビジネスじゃないし表に出ないからね。
表に出ない人は、ホントに調べ方が分からない。」

———————————

だけでも、結構重要な話をしていますので、
まとめてみると、

ビジネスで上手く行っている人には、
■1つのビジネスを掘り下げたスタイル
■複数のビジネスを展開するスタイル

常に正解は1つではないという事ですね。

「表に出ない人は、ホントに調べ方が分からない」

インターネットだけでは
その人の全ての情報がやはりわかるわけではなく
大事なのは、「対話力」です。

って事です。

特に、僕のような複数のビジネスを展開するスタイルの場合、
1つのビジネスを掘り下げたスタイルに比べて、
自分のビジネスを全て開示する必要性もなければ、
そこを「売り」にしてるわけでもないので、難しいですよね。

僕がネットショップをやりましょう!
なんて事を言っているのであれば、
ネットショップのやり方や、自分のネットショップを公開して
こういう風に僕はやってますよ!

といった事も公開する必要性はあると思いますが、

僕はそこまで、ビジネスモデルや方法論に執着がないので
手段や方法論は限定しないんです。

全部気になるならやってみればいいし、
その中で、自分に合うビジネスモデルってのが
やはり人によって違うと思うので。

だから、僕も、2014年は
これまで、一番避けていたコンテンツを作成して
人にビジネスを教えるというスタイルのビジネスを経験してみたわけで、
でも、結論としては、自分のビジネススタイルとしては合わなかった(苦笑)

これが、僕が2014年にコンテンツを通した
教育ビジネスをやってみた感想だったりします。

ん?

そんな簡単に自分に合う合わないを判断していいのかって?

いいんです。

だって、自分がやっていて苦痛な事をやるよりも、
やっていて楽しい事をやるべきですし、
その方が、知識やスキルの吸収も結果が出るスピードも
やっぱり早いですからね。

ちなみに、7月のAnomalyが終わった後に、
リアルコンサルティングをやろうとしておりましたが、
これも、結果として途中で投げ出しました(苦笑)

実際に、営業活動をする中で、
たまらなく精神的にきつかった事が理由です(笑)

基本的に、僕は営業マンではないので、
営業活動で見知らぬ人に、

「はい!はい!はい!ちょっと聞いて下さい〜!」

みたいな調子の良い役回りを演じるのが苦手でした(笑)

という事で、

B「テレアポ、飛び込み、FAXDMとか考えられるなー。」

これは僕の毎日のスケジュールありません(笑)

基本的に、新規の人相手にいきなり
セールスをかけたり営業行為を行うタイプではありませんので。

という事で、

また、今回の投稿にありました

C「そうそう。もんじゅは表に出ないから、一部しかわからないw
どーやって仕事とってきたりするのか、単純に興味ある。
なんかいきなり押しかけて、どうっすか?
みたいな感じがしないでもないけど;笑」

次回は、この辺りを深く答えていきたいと思います。

ではでは。

もんじゅ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top