Kumemoto Jun Official Blog

【今いる所に可能性を感じているか?】

久しぶりのブログ更新です。

どうも、
゛もんじゅ゛です。

今日は人生におけるターニングポイント
についてちょっと話をしようと思います。

IMG_5626.JPG

というのも、僕が3月末〜4月頭にかけて
結構大きな決断をしたわけです。

多分、ここ15年を振り返って、
ここ一番の人生のターニングポイントでした(笑)

で、要するに人生の分岐点なわけです。

明日から人生が変わる決断。

それは、人によっては安定した会社を辞める事かもしれないし。
付き合っている彼氏彼女と別れる事かもしれない。

まぁ、明日から日常が変わりますよね?

僕もそのぐらい大きな決断を久しぶりにしたわけですが…。

これ、大事ですけど、

ターニングポイントって待ってても来ないよ。

って事ですね。

そりゃー、会社が潰れてとか、リストラされて明日から職がなくなる。
彼氏彼女に振られて、明日から一緒に住んでた生活が離れ離れになる。

これって、流れに身をまかせてるだけで
結果としてそうなった。だけですよね?

ターニングポイントって自分で作る事だと思うんです。

明日から、日常が変わるかもしれない選択肢を自分に突きつける。

そして、どっちの道を選ぶか?自分で決める事です。

結構シンドイですよ(苦笑)

だって、自らそういう状況を作り出して
自分でもう一つの選択肢を消すんですから。

でも、これ出来ないと、
「自分の人生を生きる」って事は出来ないと思います。

で、多くの人は、何となくで今やってる事、今のいる環境にいると思うんですよね。

で、もし、その今いる環境に不満があったりするじゃないですか?

でも、面倒くさいですよね。

そんな状況に荒波立てるの。

だったら、何となくそのままを過ごし、
流れに身をまかせているのが楽です。

僕も楽だと思います。

ただ、僕の中では、「ん?」と思う
自分に対する違和感にはすごく敏感で
この違和感の「種」をほってとくと、

後で取り返しのつかない後悔をするってことを、なんとなーく経験上から思ってます。

多分、ほとんどの人はこの違和感に
きずかないかもしれません。

でも、この「違和感」って
日常思いたる節ってありませんか?

僕は、別に特別なスキルとか、
特別な能力があるから起業してかれこれ
8年間やってこれたとは思いません。

もちろん、そういうスキルとか、知識
能力ってのは大事ですけど、
一番大事にしてたのこそが、

自分に正直に生きるって事かなと。

僕はこの違和感が大っ嫌いなんですね。

もう、出来ることなら、
この違和感が感じている原因を潰して、
自分の人生から排除したいぐらいに。

だって、そんな違和感を抱えながら
1日1日を生きていたら、ものすごく
自分のパフォーマンス落ちますから。

集中できないし、
気になってしょうがないし、

だから僕はすぐ極論で考えます。

このままこの違和感を持ち続けるか?
それとも、今すぐこの違和感を排除するか?

これは、小さい事であれば、
そんなに日常を大きく変えるものでもないでしょう。

でも、そういう選択は日常でやってるし、
本当に自分の人生を良くしたいならば、

もっと大きな流れで自分を見る事です。

どんな人生を送りたいか?

と考えれば、必然的に、
今自分の環境の中の違和感は沢山あるはずです。

でも、別にこれが人生の正解だとも思っていません。

ただ、僕は今より5年後を考えた時に、
今の延長戦上に自分がいるとは思っていません。

だって、5年前の会社経営をしていた僕は、
今の状況を予測すら出来ていませんでしたから。

今、まわりにいる友人、ビジネス仲間が
誰かなんて知るよりもありませんでした。

だって、もっと楽しい仲間と、
もっとエキサイティングな未来しか
夢見てませんからね。

だから、必然的に、違和感は未来を
作る上で不必要なものだと思って、
排除してしまう選択を与えます。

もし、あなたがね、
今の延長戦上に5年後の未来がなければ

どこかで、自分に大きな決断を
せまらなければならないかもしれません。

僕も、会社経営時代に、
よく従業員にこのような究極の選択を
与えて来ましたが、

中々万人が出来ることでもないのも
百も承知です。

でも、そのターニングポイントを
自分につきつけられるやつ、
そして、そこで先に自分の道を決めれる人こそが、

やっぱり、

自分の人生において成功してるんですね。

それは、ビジネスの成功ではありません。

自分の人生における成功です。

だって、その方が、人生は楽しいでしょ?

我慢で生きてないわけですから。
自分が生きたい選択をチョイスしてるわけですから。

それは、ひいてはビジネスの成功が通過点にあるかもしれません。

でも、やっぱりそこに後悔はないんですよね。

一時的な痛みはあるかもしれません。

でも、長い目で見たときに、
あそこで選んでよかったな。

って思う未来が手に入るのがわかるから
僕は小さな違和感をほっておきません。

経験からわかってるわけですね。

だから、もし、人生において、
こーいう決断をしないままに、
何十年も生きていると、
相当自分の心に蓋をしすぎていて、

怖いし、どうなるかわからんし、
めちゃめちゃになるんじゃないか?

とか、妄想が膨らむかもしれません。

でも、僕は思うんですが、

自分で決断した未来がどんなものでも、
楽しめると思いますよ。

それが、人に決められた未来ならば、
心も病むかもしれないし、
下手したら死を考えるかもしれません。

でも、自分が我慢しなくていい道を
選んだのだから、そこに貧しかったり、
大変だったりしても

「楽しいな」「生きてるな」

ってなりますよ。

僕は、中学でドラムをやり出した辺りから
そんな人生なんで、もう他人のレールを
歩いてないので、あまりわかりません。

でも、自分のレールを歩いてる人が
僕のまわりには増えて欲しいので、
あえて難しいけど、頑張って決断しいや!

と、言っておきます。

僕自身も今だに、今に溺れて、
「このままでいい」「壊したくない」
なんて気持ちはあるからこそ、

悩んで、悩んで、悩んで。

でも、ターニングポイントを自分で決め
選択をして、また今日があります。

どっちに、転んでも人生は自分のものだ。

その確信だけでやりましたから。

是非、あなたが何か心に違和感を
感じたままで生活しているのならば、
参考にしてみてください。

ではでは。

もんじゅ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (アドレスは公開されません)
*

Facebookでコメント

LINE@

友だち追加数
@xsg5488q
で追加して下さい。

Return Top